松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

看護学生の授業料は値上げで市長・議員のボーナスはアップ(怒)

本日は12月議会最終日。

議案・請願の採決に先立ち、
日本共産党さいたま市議団を代表して討論に立ちました。

1612 討論③


一番問題の条例は何といっても
市長と議員のボーナスアップです。

市長は約19万円、議員は約12万円も年間でアップします。
議員(議長含む)全員分で年間700万円あまりになります。

同時に、市立高等看護学院の受験料・入学金・授業料値上げ条例も出されました。
受験料 6000円→1万円
入学金 〔市内生〕7000円→8000円
    〔市外生〕9万円→10万円
授業料 1万3000円→1万5000円

これで市の収入が270万円ほど増えるというのです。
市は「受益者負担」を振りかざしますが、
大半は市立病院または市内病院に卒業後勤務しています。
「受益者」は市民であって、学生ではありません。

看護師不足が言われているのに、なぜ能力以外の部分でハードルを高くするのか。
値上げ自体に道理がありません。

しかも収入のない学生に負担増を強いておきながら、
市長・議員のボーナス(期末手当)は増やすなんて
おかしな話ではありませんか。

残念ながら両方ともキッパリ反対したのは日本共産党だけでした。
本当に残念です。

そもそもこういう条例を提案してくるさいたま市も問題です。

…不要な負担増を市民(学生)に強いて痛みを感じない。
…市民のくらしが厳しくなっていても平気で3年連続でボーナスをあげる。

どちらにしても市民のくらしが目に入っていないのだとつくづく思います。

しかも、地方議員の年金について、
「地方議会議員が安定した年金制度の加入対象となるための法整備も含めた検討」
に早急にとりくむよう求める議員提出の意見書が出されました。

現在、地方議員は(私もそうですが)国民年金に加入しています。
(以前は議員年金は特別な制度がありましたが、一昔前に廃止されました)
いわば自営業者というか個人事業主みたいな感じです。

国民年金の額の少なさをそのままにして、
議員だけは別制度で新たに税金を投入して救済せよ、というのは筋が通りません。

しかも国会で年金カット法を強行しているのですから、
二重に勝手な話で、日本共産党はこれまたキッパリ反対しました。
(賛成多数で可決されてしまいましたが)

ちなみに、日本共産党=何でも反対というイメージがあるようですが、
この12月議会で市長が出してきた条例のうち、反対したのは2割ほどです。
逆に言えば8割の条例は賛成しています。

来年は市長選挙があります。
市民のくらし最優先の市政に変えたいですね!

市立病院までバス路線の延長を

今行われている12月議会も間もなく22日に閉会予定です。

今回のまちづくり委員会で、私はバス路線の拡充を求めました。

国際興業バスが運行している
東浦和駅~馬場(ばんば)折返所のバス路線を
あと少し、市立病院まで伸ばしてほしい、というものです。

今年、都市計画道路が開通したことでその条件が整いました。

↓周辺の地図です


あわせて他のバス路線での停車数の増加や

バス停に屋根をつけることを求める
署名活動に市民のみなさんととりくみました。
そのなかで、要求が非常に強いことを実感しました。

私は上記バス路線の延伸について市の考え方や課題を質問。
都市計画部長の答弁は
「路線バス事業者側から市立病院を所管している保健福祉局との間で協議している」
というものでした。

議会前に担当課に聞き取りをした時には
「市民から市に要望が寄せられているので国際興業バスに伝えている」
という程度の話しだったので、具体的に進みだしていることが明らかになりました。

1612 議案外 (1)


質問後の12月17日に国際興業バスさいたま東営業所に
署名をもって要望に行きました。
副所長さんに応対していただきしました。

1612 国際興業バス①


その場で返事ということはありませんでしたが、
みなさんの話しをしっかりと聞いていただき、
本社にあげて検討したいということでした。

公共交通を担っているとはいえ、一般の会社(民間事業者)ですから、
市に対する要望とは一味違うものがありましたが、
強い要望が寄せられていることはしっかり伝えられたと思います。

同時に、バス会社も騒音・振動や排気ガスなどへの苦情が寄せられている、
などの話しも副所長さんからありました。

騒音・振動は舗装の問題もあるし、
排気ガスは環境対策の関係もあるので、
行政ができることもあるのではと思いました。

忙しいなか要望署名を受け取っていただいた
国際興業バス副署長さんに
この場を借りて感謝申し上げます。

いずれにしても実現へ粘り強く取り組んでいきたいと思います。

学童保育所(放課後児童クラブ)整備は市の責任で!【一般質問③】

緑区では子どもの数が増えています。

あちこちで区画整理が行われていて、
マンション・アパートや一戸建てが次々と立っています。 

ローンを抱えていたり、 子育てでお金がかかる、賃金が下がっている、など
理由はそれぞれと思いますが、若い世代では共働きが多くなっています。

認可保育所や学童保育所(放課後児童クラブ)のニーズが高まっています。
こうしたもとで、行政の対応が鋭く問われているわけですが、
不足分に見合って増やすことが出来ていません。

さいたま市が全く増やしていないとは言いません。

しかし、申し込んでも入れない子どもが
認可保育所で1800人、学童保育所で1300人もいるのが現実です。

同時に、どちらも社会福祉法人や企業、NPOといった
民間の整備に補助金を出すのにとどまっています。

ようするに事実上の自然増にまかせているのですから、これでは解決しません。
市として公立・公設の施設を計画的に増やすことが必要です。

ところが今のさいたま市は
公立ではこれらの施設をつくらない、というのが基本方針です。

学童については学校内につくることはありますが、
それでも必要に迫られている学校は子どもの数自体が増えているので、
教室に余裕がなく、放課後児童クラブの部屋をつくることもできないのが実態です。

緑区の尾間木小学校がまさにそういう状況です。
そのため、私は尾間木小での整備を特に求めました。

さいたま市の「公共施設マネジメント計画」には
「尾間木放課後児童クラブ(民間への貸出移設)【新設】」
「平成26年度竣工予定」
と明記されているにもかかわらず、 いまだに手をつけていないのです。

いつも公共施設の住民要望をとりあげると
「公共施設マネジメント計画に基づいて」と言って
「できません」というのが市のお約束の対応です。

「公共施設マネジメント計画」については以前にもブログに書いたのでご参照ください。

尾間木地域に複合公共施設ができました
http://m-toshio.blog.jp/archives/1054412488.html

今度はその「公共施設マネジメント計画」に
上記の通り書かれているのです。
今回ばかりは書いたとおりにやりなさい、
というのが私の質問でした。

↓該当部分をパネルにして質問しました
松村市議 一般質問4


ところが答弁では民間学童クラブが「定員を大きく超えた受け入れをしていることは認識している」
と言いながら、
「民間で平成26年に新しい民設クラブが開設したから見送った」
というのです。

「民間」といっても学童クラブの場合、保護者や指導員のみなさんで運営しているのであって、
何か専門業者がやっているわけではありません。

保護者の皆さんは働いているからこそ学童クラブを必要としてるのであって、
子育てもして忙しいなかで、
しかも尾間木では3カ所も運営しているのに、

なんという言い草かと、本当に怒りでいっぱいになりました。

残念ながらいまのさいたま市は自らつくった「計画」さえも棚に上げて、
市民の願いや実態、福祉の向上に見向きもしないのが実態です。

こうした市の姿勢そのものを変えなければならないことを痛感しました。

あわせて今度の質問では学童クラブ指導員の処遇改善についても
強く求めました。

施設だけ増やしても、指導員(支援員)が確保できないのが現状です。
その一番の問題は十分な給与が保障されていないことにあります。

国が処遇改善の補助金制度を持っているのですが、
その一部しか活用していないため、
もっと活用を、と求めたものです。

ところが市は「すでにやっている」と言うばかりで
充実を、という現場の求めにはまったくこたえないものでした。 
 
つくづく、子育てに冷たい市政(姿勢)だと思わずにはいられませんでした。

これでよく市長は「選ばれる都市になる」
などと言えるものだとあきれます。