松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

日本共産党さいたま市議団の議会報告に参加しました

昨日は日本共産党さいたま市議団の市政報告会に参加。

まだ6月定例議会は終わっていませんが、
一般質問や常任委員会の様子などが報告されました。

↓報告する加川市議
s-P1010803

市政のいろいろなことが報告されたので全部は書けませんが、
そのなかでもいくつか。

集団的自衛権の行使容認の問題について、
議会でとりあげたのは日本共産党だけだったことが報告されました。
市内には陸上自衛隊の駐屯地もあり、
さいたま市民の自衛官や家族もいます。
またさいたま市は平和都市宣言をしています。

さいたま市/さいたま市平和都市宣言

その中核である9条の解釈を変えようというのですから、
市長が一定の見解を出してもなんらおかしくありません。
ところが、市長は一度も答弁に立たないというのですから、
無責任とのそしりをまぬがれないのではないでしょうか。

子ども子育て新制度について、
来年から保育園や幼稚園を巡る制度が大きく変わります。
その条例が今度の議会に出されていました。
日本共産党市議団は、条例の内容について多くの問題を指摘。
配布された資料によれば、
・現在は自園調理に限られている給食を外部委託できるとなっているが、アレルギー対応はできるのか
・施設が英語教室などを取り入れれば保育料が上乗せ負担になる上、親の経済状態によっては同じ施設でも保育格差が生まれる。
・事故(とりわけ重大事故)が起きた際、第3者機関の設置や調査結果の公表、抜本的な防止策をとることが明示されてない
・家庭的保育事業の特にC型は保育士ゼロでもいいとなっているなど子どもの安全性確保の観点から問題が多い。
などなど、たくさんありました。

党市議団は「継続審議」の動議を出しましたが、
他会派は条例に賛成して成立してしまいました。
今後、党市議団は条例の修正案を出すことを検討しているとのことでした。
期待します!

ほかにもたくさんあるのですが、
平和や子どもの育ちをおびやかすような問題を
きちっととりあげ、ダメなものはダメとチェック機能を果たしているのが
議会のなかでは共産党だけ、というのが浮き彫りになったと感じました。

なお、6月議会に市長が提出した条例などの議案に対し、
日本共産党は8割に賛成しています。

ちなみに集団的自衛権の行使容認に関する議会決議について、
共産党案は一致しませんでしたが、引きつづき努力しているとのことでした。
一部渋っている政党もあるということですが、
こちらも最後まで期待しています。

日本共産党はさいたま市議会の中では7議席で、
自民・公明・民主に次ぐ4番目の会派ですが、
存在感はピカ一で、果たしている役割もかけがえのないものがあります。

来年の市議選で7議席から11議席に躍進したら、
もっと大きく市政を動かせると、実感しました!


集団的自衛権の行使容認に反対します

今朝は東浦和駅で宣伝をしました。
集団的自衛権の行使容認の閣議決定に抗議し、
戦争する国づくりに反対することを呼びかけました。

P1010796

本日7月1日、集団的自衛権の行使容認を安倍政権は閣議決定しました。
今日というには歴史的な転換点となるかもしれません。

憲法9条は戦争放棄と戦力の不保持を明示したものです。
いったいどこをどう「解釈」したら
日本が攻撃を受けずとも、戦争に参加してしまえる、と
読み替えることができるのでしょうか。

日本を戦争に導くこの閣議決定が、
国策として誤りであるだけでなく、
時々の内閣が好き勝手に憲法を「解釈」するやり方も許されない、
と私は考えます。

国民を守るどころか、
国民を危険にさらす危険な道に日本を歩ませるわけにはいきません。

なによりも、軍国主義国家を私たちの子どもに手渡すことなど
決してしたくないと考えます。

勝手な閣議決定、誤った憲法解釈を許さないのはもちろん、
法律などへの具体化を許さない声を強く上げていきたいと思います。

最初に、歴史的な転換点になるかも、と書きましたが、
日本が戦争に向かって歩み始めた日としてではなく、

安倍自公政権の暴走が終わり、新しい政治がはじまる日として
歴史に刻まれるようがんばっていきたいと思います。 

その思いで、街頭でもうったえました!

s-P1010801
 

6月の宣伝予定をお知らせします

6月の駅宣伝の主な予定です。

本当はとっくに決まっていたのですが、お知らせを忘れてました(^_^;)

 20日(金) 浦和美園駅東口 18:30~19:30
 24日(火) 東浦和駅  6:30~7:30
 
なお、予告なく中止したり場所を変更したりする場合もありますのでご容赦ください。 
(できるだけツイッターなどでお知らせします)

また、宣伝カーを毎日運行しています。
お騒がせしますが、ご協力よろしくお願いします。
見かけたら手を振ってくださるとうれしいです。

今朝も東浦和駅で朝の宣伝をしてきました。
r-P1010789


今週末にも安倍政権は
集団的自衛権の行使容認を閣議決定しようとしています。

戦後平和国家として歩んできた道のりを180度転換し、
戦地に自衛隊を送るし、
戦闘行為にも参加する、
つまり戦争ができる国にしてしまうというのです。

自衛隊員が他国の人を殺し、
または殺される事態がおこりえるわけですが、
そうなれば他国との関係、
日本に対する見方が、
これまでと決定的に変わることになるでしょう。

それを憲法の「解釈」を変えるだけで、
しかも「閣議決定」だけで、
ろくに国会で議論することもなく決めてしまう。
こういうやり方にも恐ろしいものを感じます。

思えば第2次安倍政権は、
秘密保護法や武器輸出3原則の緩和、
教育委員会の独立性を弱めて愛国心教育をストレートにもちこめるようにする、
など、系統的に日本を戦争に向かわせる方向へ
ぐいぐいと進んでいます。

これで解釈改憲で集団的自衛権の行使を容認を許したら
本当にたいへんなことになる、という思いで今朝もうったえました。

↓写真で私が手に持っているビラです。
1406 集団的自衛権ビラ


ビラの全体は以下の日本共産党ホームページからご覧ください。
http://www.jcp.or.jp/web_download/bira/2014_1/pdf_5/20140615_syudanteki.pdf