松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

臨時教員の処遇改善を求める

私は先般行われた9月議会の文教委員会で、
臨時的任用教員(臨時教員)の現状と対応について質問しました。

私は教員数に占める臨時教員の割合が全体で13%、
特に特別支援学級では40%になっていることを質疑で明らかにしました。

学校現場では、
正規と非正規の分断が起きていること、
臨時教員から「一人前の教員として扱われない」といううったえが寄せられていること、
年度ごとに正規教員の異動に加えて臨時教員の入れ替えで現場が安定しないこと
などを指摘し、

「臨時教員の割合が多すぎる。正規教員の採用を増やして改善をすべき」
と求めました。

これに対し市教育委員会(市教委)は
「臨時的任用教員の割合は減少させたい」
と答弁しました。
実行に移すかどうか、注視していきたいと思います。

あわせて、臨時教員から寄せられている改善要望を質問しました。

松村 臨時教員が同一校で次の年も継続して勤務することを認めるか
市教委 原則は単年度(一年ごと)だが、柔軟な対応をしている。

松村 臨時教員の年次休暇(いわゆる有休)の繰り越しを県もようやく認めた。本市の扱いはどうなっているか。
市教委 県同様繰り越しできる。学校長を通じて通知している。
松村 臨時教員本人にも知らせるべき。
市教委 本人への周知にも努めたい。

臨時教員が教員の少なくない割合を占めているということは、
日ごろから臨時教員を多く雇っているということです。
そのことで産休代替の臨時教員がなかなか見つからないということまでおきています。

また、何十年も臨時教員のまま現場に立っている方もいます。
教員の採用数を増やすなかで、臨時教員として現場に立ち続けている方を採用することも必要と考えます。
この問題は引き続きとりくんでいきたいと思います。


DSC01543


東浦和駅から市立病院へバス路線延長が実現!

昨日、6日からさいたま市議会9月定例会がはじまりました。
が、7月に新議長になって以後、議会運営の調整で相変わらずなかなか議事が進まず…、
という状況が続いています。

さて、
昨年の12月にブログで書いたのですが、
東浦和駅と馬場折返を結ぶ国際興業バス路線を
市立病院まで延長してほしい、

と市民のみなさんと署名に取り組み、バス会社に届け、議会で質問し、
と取り組んできました。 

市立病院までバス路線の延長を

http://m-toshio.blog.jp/archives/1063209289.html


このたび、国際興業バスから発表があり、
9月16日から市立病院まで路線が延長されることになりました!

【国際興業バス】9/16(土)東浦和駅~市立病院線新設他ダイヤ改正のお知らせ1709 バス路線改定
↑国際興業バスホームページより

現在、市立病院は工事中ということで、もう少し時間がかかるかな、
と思っていたのですが、早い時期に実現できてうれしいです。

「本数を増やしてほしい」「路線の改善を」など
バスに関しては様々な要望が寄せられています。

またコミュニティバスについても本数増や料金引き下げ、
路線増など要望が寄せられています。

引きつづき身近な公共交通の充実にとりくみます。

教員の多忙化を改善するために

6月議会から文教委員会に所属することになりました。
(これまでは「まちづくり委員会」)
学校を始め、教育にかかわること、
また文化・芸術・スポーツも文教委員会にかかわります。

議員が委員会に関係する範囲で自らテーマを決めて質問する議案外質問が毎議会10分あります。

今回、私は教員の多忙化をテーマに質問をしました。
国際的にみても日本の先生は長時間労働だ、
という指摘もあります。

肝心の子どもたちと向き合う時間もない、という声も聞かれます。

昨年、うちの子が教室でのできごとについて色々話してくれたとき、
先生にもそのことは伝えた方がいいのかなと思い、

「先生にはそのことを話したの?」と聞いたら、
「だって、先生忙しいから言えない」
というやりとりがありました。
子どもの目にも「先生は忙しい」と映っていることに
これは放っておけないな、という思いを持っていました。


教員には「残業」もなければ「残業代」も発生しません。
「サービス残業」にすらなりません。
「調整給」としてわずかばかりの支給はありますが、
まったく実態に合わないものです。

その上さいたま市では学校にはタイムカードもありません。
無制限に働くことが前提になっています。

以前に党の先輩議員がタイムカード導入を求めた時には
タイムカードの設置にはお金がかかるからできない、という主旨の答弁がありました。
教員の健康や生活を守る意識が全くないのに唖然とした記憶があります。

とはいえ、お隣の川口市ではタイムカードが導入されています。
ようは行政の側の「やる気の問題」なのです。
(もちろん、タイムカードがあるだけではダメですが)

「教員の多忙化」についてはさいたま市教委も否定しません。
しかし、実態がわからないままでは対応のしようもありません。

文部科学省もこのままの状態は放置できないと考え、
とにもかくにも改善のとりくみをするよう全国の教育委員会に求めています。

文部科学省/学校現場における業務の適正化に向けて
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/uneishien/detail/1372315.htm

全面的に賛同できる内容でもないのですが、
教員の長時間労働の改善についてはそれなりに生かせると考え、
質問の中で引用もしました。

私は今回の質問で
「教員の多忙化を改善するうえで毎日の勤務時間を把握するのは当然だ」
と迫りました。

市教委はすでに小・中・高・特別支援学校の各1校ずつで年間通しての勤務時間把握を試行的に実施していることを明らかにしたうえで、
「年度内には全校において在校時間の管理が実施できるよう検討したい」
と初めて通年での調査へと進んでいることを明らかにしました。

具体的なやり方までは明らかにならなかったので、
今後、タイムカードでの把握を迫り、改善につなげたいと思います。



s-DSC00484