昨日は、日本共産党さいたま市議団といっしょに、
さいたま市に対して二つのテーマで申し入れ・懇談を行いました。

ひとつは、安倍政権がすすめる労働者派遣法の改悪について、
日本共産党が4月に発表した呼びかけについてです。


労働者派遣法の大改悪に反対する共同をよびかけます――「生涯ハケン」、「正社員ゼロ」社会への暴走を許さない
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/04/-2014415.html

さいたま市は人事部長と経済部長が対応しました。
16 総務局・経済局申し入れ (7)

さいたま市の非正規職員の処遇や、
さいたま市で利用している派遣労働の現状などについて話になりました。
市が使っている派遣の現状は把握中とのことでしたが…。

ちなみに昨年度から鳴物入り(?)で市が導入した
保育コンシェルジュがまさに派遣です。 

私も一言、以下のようなことを言わせてもらいました。

「派遣労働をはじめとした非正規雇用の問題は、
低収入かつ不安定な雇用状態に若者を置くことにある。

結婚ができない、子どもを持てないなど、
将来に希望を持ちにくくなったり、将来設計を描きにくいなど、
若者の中に閉塞感が広がっている。

安倍首相が進める派遣法の改悪は、
若者をそのような状態から脱け出しにくくし、固定化することになる。

その結果、日本全体はもちろん、さいたま市からも活力が失われ、
さいたま市の経済や財政にも悪影響をもたらす。

私としては市にはこの派遣法改悪に対し反対を表明してほしいくらいだ」
といった感じです。

さいたま市の将来に責任を負う立場であれば、
派遣法の改悪で非正規雇用の増大・固定化よりも、
安定雇用=正規雇用を増やし、
生活できる賃金が得られるような
労働のルールづくりこそ政治に求めるべきと考えます。


同じ日に、もう一つ、教育委員会制度の改悪について
日本共産党が4月に発表した呼びかけにもとづいて
申し入れ・懇談をしました。
こちらは教育長が対応しました。 


安倍政権の「教育委員会改悪法」に反対する国民的共同をよびかけます――侵略戦争美化の「愛国心」教育、異常な競争主義の教育を許さない――
http://www.jcp.or.jp/web_policy/2014/04/-2014418-75.html
16 教育長申し入れ (7)
 
こちらは私が発言する時間的余裕がありませんでしたが、
もし発言するなら、以下のようなことを言いたかったと思っています。

「安倍首相がすすめようとしている教育委員会改革は、
愛国心や競争主義など、国がすすめたい方向に
子どもを押し込めようとする考えばかりが先立っている。

子どもの成長や発達をどう保障するか、
主権者として次の社会をつくっていく力をどうつけるかなどが省みられず、
子どもが脇に置かれている。

子どもは教育を受ける権利を持っているのであって、
行政はその環境整備をすすめる義務を負っている。

ところが安倍首相は国家が受けさせる権利を持っていて、
子どもが教育を受ける義務を有していると勘違いしている。
逆さまに理解していることをこの教育委員会改悪で露呈している。

教育委員会の独立性を守ることは、
子どもの教育を受ける権利を守ることとして
日本共産党の呼びかけを受けとめてほしい」

まあ、その場でこんなきれいに話ができたかは分かりませんが。

議会での質問ばかりでなく、
平場での意見交換というのも
率直な話になって有意義なものだと
感じました。

派遣法の改悪は若者の未来を、
教育委員会制度の改悪は子どもの未来を壊すものであり、
そのような安倍首相の暴走を許さない声を
大きくあげていきたいと思います。