一昨日になりますが、日本共産党の政策=労働者派遣法の改悪に反対する呼びかけを持って、労働組合を訪問しました。

日本共産党の政策:労働者派遣法の大改悪に反対する共同をよびかけます――「生涯ハケン」、「正社員ゼロ」社会への暴走を許さない

私も加川よしみつ市議と、市内にあるいくつかの労働組合を訪問。
医療関係の組合と、タクシー関係の組合などで懇談になりました。
s-s-DSC00583
s-DSC00586

それぞれの職場で派遣労働者が増えるという問題だけでなく、
今の日本社会のあり方として若い人にこうした働き方を強いることがいいのか、
労働者全体への賃下げ圧力になるのではないか、
貧困が固定化され広がるのではないか、
などの話になりました。

また、安倍政権が狙っている集団的自衛権の行使容認の問題にも話が及びました。

労働組合と言っても日本共産党と共闘関係にあるところばかりではありませんが、
幅広くよびかけ、一致できる一点で力をあわせよう、というのが日本共産党の方針です。
ぜひ多くの方と力をあわせていきたいと思います。

また、私のブログでも書きましたが、さいたま市の関係部署と懇談をしたことが、「しんぶん赤旗」に掲載されました。
私の発言もなぜか記事中で紹介いただきました(^_^;)

1405 赤旗記事
派遣法改悪反対・ブラック企業規制 共産党がさいたま市と懇談 | 日本共産党埼玉県委員会

働く人が報われ、若者が将来に展望が持てる働き方ができるような労働のルールづくりにがんばりたいです。