昨日のブログでも書きましたが、

「梅雨空に 『九条守れ』の 女性デモ」
という俳句が
三橋公民館報に掲載拒否された事に対し、
掲載等を求める申し入れをしました。

そのことが今日(7月16日付)の「東京新聞」と「埼玉新聞」に掲載されました。


埼玉新聞:俳句掲載拒否 市民団体がさいたま市教委に抗議、恣意的判断浮き彫り
東京新聞:さいたま市「掲載を再検討」 「九条俳句」拒否問題:社会(TOKYO Web)
「埼玉新聞」は「恣意的判断浮き彫り」と、市に対し厳しい見出しをつけています。
記事中でも

「俳句の掲載拒否は広告掲載基準の不当な拡大解釈と恣意(しい)的準用に当たると指摘されると、森田部長は出席者に対する返答に窮し、明確な説明ができなかった。」

と当日のやりとりのなかでも核心となる部分がしっかり報じられていました。

「東京新聞」は、1面に記事を掲載。
記事中で

「応対した森田敏男生涯学習部長らは、再検討を進めていると説明した。森田部長は本紙の取材に『批判が広がっている状況を受けて検討している』と述べた。」

と記者がつっこんだ確認をして「掲載の再検討」を報じています。

どちらも私としてはたいへん励まされる記事でした。

また、私たちとは別に抗議の申し入れをした市民の方がいたことが報じられています。
こうした動きが広がっていることも心強いです。

埼玉新聞:デモ題材の俳句掲載拒否で有志ら、さいたま市と教委に次号掲載を要請
 http://www.saitama-np.co.jp/news/2014/07/15/05.html

もし掲載拒否で押し切れば、
全国の自治体に悪い影響をあたえかねません。
さいたま市の動向が全国規模で注目されています。

ぜひとも市は、勇気をもって、俳句の掲載に踏み切ってほしいと思います。

↓昨日の市への申し入れの時、私が発言しているところを撮ってくださった方いました。ありがとうございます。
140715 三橋公民館申し入れ