11月21日に、美園地域の学校要求を持って、
地域のみなさんがさいたま市に要望書名を届けました。
要望には加川義光さいたま市議と私も同席しました。

美園小学校の近くを流れる川に歩行者と自転車用の橋をかけることと、
(仮称)第二美園中学校の建設を来年度からはじめること
この2点について、それぞれ建設局と教育委員会に要請しました。


①美園小近くの橋掛け

美園小学校のそばには川が流れていますが、
川の向こう岸からも子どもたちは通学してきます。
ところが、通学の際にはぐるりと大きく遠回りして、橋のあるところ、
それも国道で通りが激しいところを通らなくてはなりません。

住民のみなさんは、子どもたちが安全に通行できるように、
もちろん住民の利便性にも役立ちますし、
災害時の避難場所になっている美園小への移動もスムーズになります。 

今回で9回目の要望となりましたが、
はじめて建設局と交渉し、建設局長が要望を受けてくれました。
これまでは通学路にかかわるということで、教育委員会に要望してましたが、
技術的な問題などになるとはっきりしないこともあるので、
直接の担当部局と話し合おう、ということになったとのことです。

橋をかけるうえで、さまざまなハードル(規制や基準)があることが具体的に示され、
どうクリアしていくかについても、ある程度の見通しが持てるような話し合いになりました。
住民のみなさんと粘り強く取り組んでいきたいと思います。
21 対市交渉(緑区・橋) (8)


②(仮称)第2美園中学校の早期建設

この地域は住民が大きく増え、子どもの数も増えています。
中学校が間もなく教室数が足りなくなることが明らかになっています。

同時に、新設中学校(仮称・第2美園中)予定地がすでに確保されていながら、
着工の見通しが明確になっていないことが加川市議の議会質問で明らかになりました。
(「適切な時期に建設する」とは言っています)

学校建設は設計費用が計上されてから建設が終わるまで4年かかることも
市は明らかにしています。

この間、新設中学校の早期建設を求める署名を集めてきましたが、
「すぐできるって聞きましたたけど…?」 
「不動産業者から近くに中学校ができると聞きましたけど、まだ計画がないんですか」
など住民のみなさんからは戸惑いの声が聞こえてきました。

そうしたなかで、この3か月ほどで2355人の方から署名が寄せられました。 

この日の署名提出では副教育長が要望を受けてくれました。
来年度予算に計上されるかについては、
現在来年度予算を編成中ということもあり、
従来の回答(適切な時期に建設する)以上にはありませんでしたが、

私が「ぜひ来年度予算に計上されるよう最後までがんばってほしい」と
念押ししたところ
「もちろんです」と副教育長がこたえました。

9月に一回目の要請をした時より、
前向きな手ごたえを感じることができました。
もちろん、最終的にどうなるかはまだわかりません。
担当部局が予算要求をしても、
市長査定などで予算計上されないこともあります。

引き続き、署名の協力を呼び掛けていきたいと思います。

21 対市交渉(緑区・第二美園中) (5)

国政を変えようとがんばっている身ですが、
身近な足元の要求に応えていくことも
政治家(を目指す者)としての務めと考えます。


今日は浦和駅で参議院予定候補の伊藤岳さんと街頭演説をしました。
明日は浦和区を一日駆け回る予定です。
 s-DSC_0497