公選法の不思議なところですが、
ブログの更新は本日12時までとなっています。

立候補表明をした11月19日から1か月にも満たない期間で投票という超スピード選挙。

にもかかわらず、多くの方に応援・激励をいただきました。
また支持者・後援会員・党員のみなさんには
あらゆる面で支えていただき、おかげでがんばることができました。
この場を借りてお礼申し上げます。

また私事ではありますが、
普段私がやっている分の家事・育児をつれあいが負ってくれました。
家族の支えなしには候補者活動をできなかったことをあらためて痛感します。
家族への感謝を記させていただきます。

本日は埼玉1区内の駅をすべて回りました。
東西口があればどちらにも顔を出しました。
与野駅東口にまで顔を出しました。

↓右は青柳しんじ埼玉1区選対本部長です。
DSC_0737

選対本部長の青柳しんじさん自ら同行して励ましてくれました。
地元・緑区では体調の悪いなか、加川よしみつ市議がマイクを握ってくれました。
最後の浦和駅ではとりうみ敏行さんが応援演説をしてくれました。
みなさんのおかげで最後までうったえきることができました。

新聞記者さんから取材で
「今回の選挙のとりくみを一言で言うと?」
と聞かれたので
「『攻め』の選挙、攻勢的にとりくんだ選挙でした」
と答えました。

街中での手ごたえの強さと、
消費税や戦争の問題、原発政策などで
日本共産党の政策がしっかりしていることで
伸び伸びと候補者活動ができました。
(なんだか自画自賛みたいですが(^_^;))
一言で言うと、「攻め」かなと思った次第です。

さきほどまで地元・東浦和駅で青年後援会のみなさんと
最後のお願いに立っていました。
「あなたに入れるからね」「期日前で入れたよ!」
と何人もの方に声をかけていただきました。
ありがとうございました!

DSC_0740

青年後援会のメンバーからあらためて
小選挙区制の理不尽さがブーブーと出されました。
それでもなんでも、日本共産党が多くの議席を得ることが
政治を変える、私たちの願いを届ける、最大の力になります。

どうか明日は投票所へ足をお運びください。
投票は2回あります。

1回目は小選挙区です。
埼玉1区(浦和区・緑区・見沼区・岩槻区)の方は
「松村としお」と書いて投票してください。

2回目は比例代表選挙です。
全国どこでも「日本共産党」(または「共産党」)と書いて投票してください。

心よりお願いするものです。

公選法上、明日(投票日)は更新できませんので、
ひとまずこれで閉じさせていだきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。