さいたま市をはじめ、全国のいくつかの都市で
本日(11月29日)ヘイトスピーチデモが行われました。

日本共産党さいたま地区委員会として
これは見過ごすわけにはいかないと
抗議のとりくみが行われました。

事前の抗議宣伝が「しんぶん赤旗」で報道されました。
【しんぶん赤旗】差別許さない社会を/さいたま ヘイトデモ計画に抗議 共産党が宣伝
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-11-28/2015112814_01_0.html

ヘイトスピーチに対してはさいたま市議会として
「ヘイトスピーチ対策に係る法整備を求める意見書」
を昨年(2014年12月議会で)全議員の賛成で可決しています。

ヘイトスピーチ対策に係る法整備を求める意見書(全文)
http://www.city.saitama.jp/gikai/003/001/003/p26121910_d/fil/H26ginteisyutu14.pdf

決議では、ヘイトスピーチの問題点をあげ、
「ヘイトスピーチを放置することは、国際社会における我が国への信頼を失うことにもなりかねません。」
と指摘し、
 「国においては、ヘイトスピーチ対策に係る法整備を速やかに行うことを強く求めます。」
と国に対して対策を求めています。

私は当時まだ市議ではありませんが、
この決議の立場を共有するものです。

というわけで、
ヘイトスピーチデモの出発地点に集まって
日本共産党として抗議のスタンディングを行いました。
数十人くらいの参加で、ヘイトデモを圧倒していました。

党市議団からは山崎市議団長を先頭に、大木市議と私が参加しました。
DSC_1276~2

ちなみに私たちが手に持っているのは
法務省が作成したポスターです。
法務省ホームページからダウンロードできます。

法務省:ヘイトスピーチに焦点を当てた啓発活動
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken04_00108.html

私はサッカーを見るのが好きですが、
ヘイトスピーチを放置しておくことができない、
ということを残念な形であらためて思い知ることになりました。

浦和レッズのサポーターと思われる人物が、
昨日の浦和レッズ対ガンバ大阪戦(チャンピオンシップ)の後に
人種差別的な書き見込みを
ガンバのパトリック選手に対して行ったということが報道されました。

G大阪FWパトリックがSNS上で人種差別の被害者に。本人は悲痛な想いを吐露 | フットボールチャンネル
http://www.footballchannel.jp/2015/11/28/post123108/

浦和レッズのサポーターは以前にも
人種差別的な横断幕を掲げる問題を起こしています。

私の友人や日本共産党の仲間の中にも熱心なサポーターがいますが、
大部分のサポーターは熱心に、ひたむきに応援しています。

しかしながら、一部でもこうした人物がいることは
大変残念で悲しく思います。

こうしたことをくり返さないためにも、
ヘイトスピーチを許さない!
という声をしっかりと上げていきたいと思います。