さいたま市緑区三室には県立総合教育センターの跡地があります。

4年程前に県の施設統廃合のあおりで廃止となり、
以来、そのまま放置(最低限の管理はされていますが…)されています。

市民のみなさんが、加川よしみつ前市議とともに、
県や市に活用をくり返し申し入れています。

私も、6月の一般質問でとりあげたり、
住民のみなさんと県・市に申し入れてきました。

↓11月にも住民のみなさんが市に申入れを行いました
1511 教育センター跡地申し入れ

施設が廃止になった時期がちょうど東日本大震災が起きた時期と重なったこともあり、
防災機能を持った公園に、というのが住民のみなさんから強く出されました。

最近の防災訓練に参加した方からは、
避難場所となっている三室小学校だけで物資が足りるのか、
高齢者はとても三室小学校まで行けない地域もある
などの声も寄せられています。

なお敷地が広いので(約1万4000㎡)、
公園以外にも複合的に利用できる条件があります。

こうしたことをふまえて、県や市に活用を働きかけてきましたが、
県はまったくノープラン。驚くばかりです。

市は、6月の私の一般質問に対して
「市として有効に活用できないか検討している」
「防災機能を持った公園という観点も含めて市としての利用計画について検討したい」
と答弁しています。
市は一応考えているそぶりを見せている所です。

同跡地は比較的大きな通りに面していることもあり、
私も含め、多くの人の目に触れるところです。
個人的には年々ボロくなっていると感じている所です。

周辺住民のみなさんも、近隣に廃墟とまでいかずとも、
無人の広大な施設が放置されていることに対しては
速やかな対処を強く願っています。

また、同跡地は旧浦和市が土地を県に寄付した経緯があります。
(全部ではありませんが)
旧浦和市の土地分だけでも無償返還を県に求めるよう
申入れの中で求めました。
引き続き、実現に向けて市民のみなさんと力を合わせていきたいと思います。


なお三室では、道路冠水したといううったえも受けており、
改善を市に求めている所です。

↓場所を確かめている私です
DSC_1257~2