朝起きたら外が真っ白!(;゚Д゚)
こんなに積もると思ってなかったので
子どもたちのスノーブーツをあわてて出すなど
朝はバタバタしました。

歩道も雪が積もっているので
外に出るときは気を付けてください。

↓さいたま市役所前。議会棟からの景色です。
DSC_1446~2


さて、15年以上も住民のみなさんがとりくんできた
緑区原山4丁目の遊歩道整備が実現の運びとなりました。 

もともとは、市が道路を通そうとして土地を確保してきたものですが、
長らく空き地になっていました。

幹線道路同士を横につなぐ計画ということもあり、
車の通行量が多くなることが予想され、
交通安全や住環境悪化を心配する声が多くでていたとのことです。

そのため、2005年には住民から遊歩道として整備してほしい、と
約700人の要望署名が市に出されています。
また加川前市議をはじめ党市議団の先輩たちが議会質問でとりあげてきました。
住民のみなさんが10年以上にわたってとりくんでいた要求が実現することを嬉しく思います。

すでに計画の半分については住民説明会が行われたという話を聞き、
1月13日に住民の方と市南部建設事務所の担当課に建設の状況を聞き取りました。

1601 原山遊歩道

住民説明会が行われた半分については、
今年7月中に工事が終わる予定です。
なお「ベンチを設置してほしい」という要望も出されていましたが、
説明会に参加した方へのアンケートで9割が設置に反対したとのことで、
実現は難しい状況です。
人が滞留すると近所の方としては騒音などが気になるようです。

残りの半分については、
市は遊歩道整備の「イメージ」を示しているだけですが、
来年度(2016年度)中に建設に着手したい考えを示しました。

私からは担当課の話しを聞いたうえで、
原山小学校や原山放課後児童クラブの近くであることから、
工事車両等の子どもへの安全対策に万全を期すよう求めました。

また沿道沿いの住民のみなさんとの合意形成にしっかりとりくむことや、
遊歩道をまたいでいる日の出通りの交通安全対策にとりくむことを要望しました。

↓1月15日に浦和駅東口で朝の宣伝。寒くなってきました。
DSC_1434~2