6月議会の文教委員会で、「置き勉」をとりあげました

子どもたちの通学の荷物が重すぎて健康にも悪影響を及ぼしているという指摘もあるなか、
学校に勉強道具を置いて帰ってもいいじゃないかというのが
いわゆる「置き勉」です(と私は理解してます)。

私も小学生の子どもがいて、朝の送り出しもしているので感じてきたことでもあります。
だいぶ話題にもなっているので、6月18日の文教委員会でとりあげました。

1806 議案外③


最近でも下のようなツイートが話題になっているようです。
すごい絵ですが、うちも小学生の子どもが居るのですっごい分かります。


さいたま市の子どもの荷物の重さを調べてみた

質問にあたり、教科書のページ数が10年前に比べ3割増えているという教科書協会の数字も使いましたが、やはり
さいたま市で実際どうなのか、
と考え、知り合いの保護者に実態調査に協力してもらいました。

当初は時間もなかったので5~6人分くらいでいいかなと思っていたのですが、
SNSを通じて広がって10人以上の協力を得ることができました。
子育て・家事で忙しいなか、ありがとうございました。

多くの保護者の方が荷物に埋もれるわが子の姿に心を痛めていることが伝わってきました。

下の表は当日の質問で教育委員会にパネルで示したものです。

1806 置き勉パネル



だいたい4~7㎏、体重に比して15~30%という結果でした。
また、低学年ほど体に比して荷物が重い傾向があると感じます。

日によって書道や裁縫や水筒やらでも変動します。

参考までに大人に換算した場合の数値も示しました。
60㎏というのはほぼ私の体重ですが、これはまちがいなく腰を痛めますね…。

もちろん、これはサンプル的なデータですが、
実態をそれなりに反映しているものと思います。

なお、子どもの荷物は小学1年生なら体重の15%以下が望ましいという医者もいます(下記リンク参照)。
日テレNEWS24 ランドセルが重い!広がる“置き勉”とは?
http://www.news24.jp/articles/2018/06/13/07395790.html


さいたま市教育委員会は「置き勉」をどう考えている?

こうした実態をふまえて、「置き勉」について質問しました。
市教育委員会は実態には触れず、

「児童生徒が家庭で予習、復習をするために教科書を使用することがあると思いますので、教育委員会としては、教科書は毎日持ち帰るのが原則であると考えています。
しかしながら、辞書であるとかあるいは調べ学習の図鑑であるとか、そういったものについては毎日持ち帰らないで学校の中でルールを決めて教室に置いておく、こういうケースもあると考えております」


といういわば「公式見解」を述べました。

そのあとのやりとりでは
「教科書以外の教材」という言い方で教室に置いておくケースもあるとか、
「始業式や終業式は1週間くらい前から持ち帰りをはじめて1日に負担が多くならないよう配慮しているケースもある」
という答弁もしています。

教科書→持ち帰る(原則)
教科書以外の教材→ルール化して置いて帰るも可

ということでしょうか。

教科書だけでも相当な荷物ですが、教育委員会の現時点での見解の範囲であっても、

教科書については「予習、復習をするために教科書を使用することがある」
という言い方なので、「予習、復習」が見込まれない場合には交渉の余地ありともいえます。

また、学期はじめや終わりに荷物をまとめて持ち帰っている場合、学校に申し出れば改善の余地があります。

保護者の方も、教員のみなさんと子どもの健康を第一に考えた対応をするようコミュニケーションをとってほしいと思います。


「教科書についてもルール化すれば可」
にすることや、
どう軽量化をはかっていくのか
ということまで充分踏み込めなかったことは
私自身の今後の課題です。

子どもたちの健やかな成長・発達を学校が阻害するようでは話になりません。
引きつづき「置き勉」を追いかけていきたいと思います。