5月31日に市長に対し、保育園などのお散歩の安全対策を進めるよう緊急の申入れを行いました。
大津市の事故を踏まえてのものです。(対応は子ども未来局長)
FB_IMG_1559860395815

私のところにも、保育園関係者や児童保護者の方々から安全対策についていろいろと声が寄せられています。
個別に寄せられた要望については対応するよう市にもとめているところですが、
学校や幼稚園、保育園から寄せられている要望についてもしっかり応えるよう申し入れました。

交通安全の対策についてご要望がありましたらお気軽にお寄せください。
FB_IMG_1559860402294

以下は申し入れの全文です。


2019
531
さいたま市長 清水勇人 殿

保育園等の園外活動の安全対策に関する緊急の申し入れ


日本共産党さいたま市議団
団長 神田 義行

今月8日、滋賀県大津市の県道交差点で信号待ちをしていた保育園児と保育士の列に車が突っ込み、園児など16人が死傷する痛ましい事故が発生しました。子どもを巻き込んだ交通事故の報道があとを絶ちません。かけがえのない命が交通事故によって奪われることのないよう、抜本的な対策を講じることが求められています。
小・中学校の通学路については、2012年度に起きた登下校中の児童の死傷事故を受けて、文部科学省・国土交通省・警察庁が連携し、学校・保護者・道路管理者・地元警察署による合同点検を実施しています。全国74483ヶ所の危険箇所を抽出し安全対策を実施していますが、幼稚園・保育園の通学路やお散歩道などは対象外です。合同点検の対象を広げることが重要です。
厚生労働省は指針などで、園庭の有無にかかわらず保育所の外で社会に触れる体験が重要だとしていますが、園外活動での安全確保は保育園側の配慮だけでは不十分です。大津市の事故後、国土交通省と警察庁は安全確保に向けた道路の点検を実施することとしています。しかしその内容は、過去5年間で子どもが当事者となった重大事故が発生した交差点のうち、道路交通環境の改善を図ることとなったものと同様の道路交通環境にある場所の点検を行い、対策を検討・実施するというものにとどまっています。
さいたま市は認可保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育施設、さいたま市認定ナーサリールーム・家庭保育室などが様々な場所に設置され、かつ交通量が非常に多い地域にある施設も多いのが現状です。子どもたちが安全に園外活動を行えるようにするため、ガードレールの設置など、あらゆる対策をとることが必要です。よって、以下の事項をすみやかに実施するよう申し入れます。


 
1.   認可保育所、幼稚園など就学前の子どもが通う施設から、危険な箇所をていねいに聞き取り、道路管理者や警察署とともに点検を行う合同点検を、国と連携して実施すること。
2.    「危険箇所」の解消に向け、ガードレールなどの設置や信号機等の新設、歩車分離、歩道の確保など、有効な対策を国と協力して推進すること。
3.   安全対策のために必要な予算措置を、補正予算を含めて実施すること。
4.   園外活動における安全確保に必要な保育園等の職員の配置基準を引き上げること。
5.   関係各局が連携して対策に取り組むための部局横断的体制を作ること。


以上