松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

2014年11月

市政報告会を行いました

プラザイーストで市政報告会を行いました。

加川市議から市議会の様子を、
私からは市民のみなさんの声にどうこたえてきたかをお話しさせていただきました。
1411 市政報告会 (2)

市役所や区役所と交渉を重ね、実現してきたことを報告したところ、
「本当の議員さん張りに活動している」と評価をいただきました。

同時に、衆院解散・総選挙にむけ、
いわゆる「解散風」が強くなっています。

日本共産党も昨日(12日)緊急に都道府県委員長会議を開催し、
衆議院選挙に向けた準備を進めることが強調されました。

早期の解散・総選挙濃厚――安倍暴走ストップ、党躍進を/全国都道府県委員長会議 志位委員長が報告/直ちに臨戦態勢を確立し全党が勇躍して大奮闘しよう
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2014-11-13/2014111301_01_1.html

市政と国政は密接にかかわっています。
切り離そうとする方も一部いますが、それは無理な話です。
消費税で言えば、税率が上がれば市民生活に影響するし、
公共料金が値上げになるからです。
さいたま市でも消費税が8%になって、ほとんどすべての公共料金が値上げになりました。

市民生活を守る立場にたつなら、国の悪政とたたかわなければ一貫した政治姿勢をとっているとは言えません。

衆院解散・総選挙となったら、日本共産党の躍進に大いに奮闘したい、
という私の思いも話させていただきました。

というわけで、さっそく、夕方に東浦和駅で加川市議といっしょに宣伝しました。

政治が大きく激動するなか、みなさんの強い関心がうかがえました。
近寄ってきて、ビラを受け取る方が何人もいました。
「がんばって」と激励してくださる方も何人もいました。
 
私がさいたま市議選緑区予定候補として活動を4月に開始してから、
こんなに反響があった宣伝は初めてです。
ちょっと悔しい気がするくらいです。 


「安倍政権に退場のレッドカードを」
これが私の紹介リーフの見出しです。
つくっている時にはこんなことになるとは思っていませんでしたが、
まさにレッドカードを突きつけるチャンスが到来しました。

s-P1020241

市議選より総選挙が先になるというのは予想外ではありましたが、
直接の審判が下せるチャンスがやってきました。

安倍首相がやろうとしてきたこと、
消費税増税、戦争ができる国づくり、原発再稼働、派遣法改悪、カジノ解禁
どれも安倍政権と正面から対決し、対案も示し、国民と共同してきたのが日本共産党でした。


昨年の都議選・参院選で日本共産党が躍進して以来、
政治を動かそうとがんばってきた結果、
安倍政権を解散に追い込んだとも言えるのではないでしょうか。


日本共産党が衆院選で躍進することが、
安倍自公政権に何よりの痛打を与えることになります。

国の悪政に苦しむみなさんの「くらし・平和を守ってほしい」との願いにこたえ、
衆院選での勝利の先頭に立つ決意です。

埼玉協同病院長と対談しました――松村としおニュース№6できました

松村としおニュース№6ができました。

(クリックすると大きくなります)
1411 松村ニュース6

ニュースで書いたことですが、埼玉県・さいたま市の医療体制は弱いのです。

特にさいたま市は人口当たりの医師数・看護師数・病院数などが政令指定都市中最低レベル。

医療過疎状態と言っても過言ではありません。

特にこれからは高齢者が増えます。
遠くの病院では通うのも一苦労です。

ある地域の子育て中の女性からは近くに耳鼻科がなく、
車で20分以上かけて連れて行っている、とうったえられました。

お産ができる病院が市内から減って、行政区に一つもない区もあります。
「お産難民」という言葉が聞かれるようになって久しいですが、
さいたま市民も市外の病院で出産しているのが実態です。

かくいう我が家の二人の子ども達も、埼玉協同病院(川口市)で生まれました。

そんな埼玉協同病院の病院長である増田剛医師に、
医療現場からの要望をお聞きしました。


s-P1020007

そのなかで強く要望されたのが、救急医療体制の拡充です。
搬送先が見つからず、最悪の場合、亡くなるケースも起きています。
そうでなくても、救急にもかかわらず搬送に時間がかかればそれだけ処置が難しくなります。

さいたま市立病院の建て替え計画が進行していて、
そのなかで医療体制が拡充されることになっています。
これは日本共産党さいたま市議団が求めてきたことでもあります。

とはいえ人口が多いのに医療体制が薄いさいたま市としては、
これで満足ということにはなりません。

党市議団では市長を先頭に病院の誘致をするよう求めていますが、
私も、現場の声を受け止めて、医療体制の拡充を重視していきます。

…という話をしたところ、「若い力に期待します」と激励をいただきました。
期待に応えられるよう市政の場へぜひ行きたいと思います。

ところで、衆議院の解散・総選挙が一気に浮上してきました。
消費税の増税を延期して解散というのですが、意味がよく分かりません。
消費税増税の是非を争点に民意を問うのならわかります。
しかし、増税延期を決めた後に選挙をするのなら何を問うのでしょうか。

ほころびが見えてきたアベノミクスがボロボロになる前に目くらましをしようというのでしょうか。

今日お話ししたある年配の方は、ここで衆院選をやればまた4年間の任期ができるから、
その間に憲法改悪をやってのける腹積もりではないかとおっしゃっていました。

いずれにせよ、解散権は総理にあるので、解散するなら受けて立ち、
躍進をめざしてがんばりたいと思います。


↓東浦和駅にて。
s-DSC_0442~2~2

11月の主な宣伝予定をお知らせします

遅くなってしまいましたが、11月の主な定例宣伝の予定をお知らせします。
宣伝に参加してくださる方、大歓迎です (^o^)/

 9日(日) 東浦和駅  14:00~15:00
11日(火) 東浦和駅  6:30~7:30
14日(金) 東浦和駅  17:00~18:00
       東浦和駅  20:00~21:00(緑区青年後援会)
18日(火) 東浦和駅  6:30~7:30
25日(火) 東浦和駅  6:30~7:30
28日(金) 東浦和駅  17:00~18:00
       浦和美園駅東口 18:30~19:30
30日(日) 緑区青年後援会宣伝 16:00~18:00
       (日本共産党緑区事務所集合)
 
なお、予告なく中止したり場所を変更したりする場合もありますのでご容赦ください。 
(できるだけツイッターなどでお知らせします)

また、宣伝カーを連日運行しています。
見かけたら手を振ってくださるとうれしいですノシ

街頭演説も不定期ですが、緑区内各地にて行っています。
お騒がせしますが、ご協力よろしくお願いします。

↓昨日(7日)朝の浦和駅東口です。だんだん寒くなってきましたね。
s-P1020170


通学路の安全対策を――松村としおニュース№5できました

松村としおニュース№5ができました。

1410 松村としおニュース5

緑区内をまわっていると、
通学路の安全対策をしっかり!
という声をたくさんいただきます。

緑区はあちこちで区画整理や開発がすすんで、
人口が増えるとともに、子どもの数も増えています。
また、新しい道路ができることで、車の流れと量が変化しています。

ところが交通安全対策がこの変化に対応しきれていません。

深刻な事故が起こってから信号が設置されることも少なくありません。

私自身、小学生の子どもを持つ親として、
通学路の安全対策は気になるところです。

これは危ないかな、と感じた時点でぜひ情報をお寄せください。

市や警察に対応を求めていきます。


↓調査したさいの写真を市の職員に見せながら、対応を求めました。(10月)
10 対市交渉(緑区・道路) (3)

緑区市政報告会を行います

緑区市政報告会を行います。
1411 市政報告会ビラ

11月13日(木)14:00~16:00
プラザイースト 2階映像シアター室


入場無料です。

お気軽にお越しください。

なお会場確保の都合で平日昼間となってしまいましたことをお詫びします。

市議会でどんなことが行われているのかって、
正直言って言ってよく分からないですよね。
当日は市議会議員の加川よしみつさんから、
市議会の様子やさいたま市の課題などをお話しします。

また、私からは市民のみなさんから寄せていただいた要求の
実現に向けたとりくみや進捗状況などについてお話しさせていただきます。
市民のみなさんの願いが実現するプロセスをお伝えできればと思っています。

ぜひご参加ください。



私は11月1日から3日まで、東京江東区にある夢の島で行われた
「赤旗まつり」
に行ってきました。

赤旗まつりホームページ
http://www.jcp.or.jp/maturi/

「しんぶん赤旗」読者のみなさんや、
日本共産党をご支援いただいているみなさんと交流でき、
楽しい3日間を過ごすことができました。
IMG_20141102_115448

赤旗まつりには、3日間でのべ15万人の方が足を運びいただきました。
ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。
日本共産党が主催して、「赤旗」の名を冠する催しに
これだけの方が参加してくださることに感動すら覚えました。

↓中央舞台前にはギッシリと集まりました。
s-DSC_0410


初めて「赤旗まつり」に参加した方から
「こんなに集まるんだから、来年の選挙は躍進間違いなしだ」
という感想をいただきました。

実際にそうなるよう、残り5か月間、がんばっていきたいと思います。 

↓うちの息子たちは子ども広場で光る泥団子づくりに文字通り熱中してました(^_^;)
s-DSC_0422