松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

相談が寄せられました

教育現場はたいへん! 少人数学級を広げよう

11月に「30人学級を実現するさいたま市民の会」のみなさんが、
さいたま市教育委員会と懇談を行いました。
私ともりや千津子市議(南区)が同席しました。

会のみなさんは、
教員の多忙化や子どもの困難な状況が広がるなか、
子どもたち一人ひとりに行き届いた教育をするために
少人数学級を小学3年生および中学3年生まで広げること
を求めています。

対応した教育委員会の担当者は少人数学級の意義については認めるのですが、
「国の責任において実施すべき」
という以前からの見解を繰り返しました。

もちろん、国の責任は大です。声を大にして言いたいです。
同時に、さいたま市は政令市であり、仮にも現市長は「教育日本一」を掲げているというのに、
全国で多くの自治体がやっている少人数学級をやらないというのはもはや恥ずかしいレベルです。
ちなみにお隣の蕨市では小学校全学年で少人数学級を実施しています。
政令市で言えば千葉市、新潟市、静岡市、浜松市、広島市ですでに実施しています。

さいたま市は財政的にも毎年数十億円もの黒字を出し、
基金(市の貯金)を毎年増やしていまや690億円もため込んでいます。

少人数学級を1学年増やすのに3.5億円必要ですが、
さいたま市の財政から見ればやる気の問題にすぎません。

会の方からは
「小学1・2年生の学級編成基準は35人のため、クラスの人数が30を切る場合もある。ところが、3年生で基準が40人にもどると急に40人近い人数になることがある。子どもにとっても変化が大きく、対応する教員や親にとっても負担はたいへん大きなものがある」
という実態が出され、
「極端に学級人数が変わる場合には教員を特例で配置するなどの対応を考えてほしい」
と要望が出されました。

また出席した保護者の方は
「2年生まで30人もいなかったが、3年生になって40人近くになった。授業参観に行くと教室に親が入りきれず、外から見ている状態。国がどうあれさいたま市として少人数学級を実施してほしい」
と話していました。

私も同じ思いをしたことがあるので激しくうなずいてしまいました。

担当者からは「国には教員を増員を求めている。市独自でもスクールアシスタントの増員をしたいと考えている」
と、なんとか現場の人員を充実させたいという考えを示しました。

私の子どもも小学生ということもあり、
子どもたちから学校の様子を聞いていても、
先生がたいへんそうだな、というのが伺えます。

もちろん、少人数学級ですべてが解決するわけではありません。
でも、先生の事務負担は担任の子どもの数が減った分だけ減ります。
先生の注意力も子どもの数が多いほど分散しますが、少ない分だけ丁寧に見れます。

「昔は一クラス50人いた」
という声も聞きます。

しかし、「昔」と今は子どもの置かれた状況のみならず、
親の置かれた状況も大きく違います。
貧困が広がり、地域の支えも弱まっていることで、
「昔」に比べ現場が様々に苦労しています。

また、先生も行政に提出する文書が増えたり、
なんでもパソコンで文書作成・提出になっていることで、
かえって時間がかかるようになったという声も聞きます。


「人数が少なすぎると学級のまとまりができない」
という声も聞きます。

要望は学級人数も35人前後になっている現状を30人前後をスタンダードにしてほしい、
というもので、ヨーロッパなどに比べればささやかな願いです。
極端に減らせというわけではなく、心配には当たらないと思います。

少人数学級をさいたま市で広げることに努力したいと思います。

1711 30人学級懇談 (2)

市立病院までバス路線の延長を

今行われている12月議会も間もなく22日に閉会予定です。

今回のまちづくり委員会で、私はバス路線の拡充を求めました。

国際興業バスが運行している
東浦和駅~馬場(ばんば)折返所のバス路線を
あと少し、市立病院まで伸ばしてほしい、というものです。

今年、都市計画道路が開通したことでその条件が整いました。

↓周辺の地図です


あわせて他のバス路線での停車数の増加や

バス停に屋根をつけることを求める
署名活動に市民のみなさんととりくみました。
そのなかで、要求が非常に強いことを実感しました。

私は上記バス路線の延伸について市の考え方や課題を質問。
都市計画部長の答弁は
「路線バス事業者側から市立病院を所管している保健福祉局との間で協議している」
というものでした。

議会前に担当課に聞き取りをした時には
「市民から市に要望が寄せられているので国際興業バスに伝えている」
という程度の話しだったので、具体的に進みだしていることが明らかになりました。

1612 議案外 (1)


質問後の12月17日に国際興業バスさいたま東営業所に
署名をもって要望に行きました。
副所長さんに応対していただきしました。

1612 国際興業バス①


その場で返事ということはありませんでしたが、
みなさんの話しをしっかりと聞いていただき、
本社にあげて検討したいということでした。

公共交通を担っているとはいえ、一般の会社(民間事業者)ですから、
市に対する要望とは一味違うものがありましたが、
強い要望が寄せられていることはしっかり伝えられたと思います。

同時に、バス会社も騒音・振動や排気ガスなどへの苦情が寄せられている、
などの話しも副所長さんからありました。

騒音・振動は舗装の問題もあるし、
排気ガスは環境対策の関係もあるので、
行政ができることもあるのではと思いました。

忙しいなか要望署名を受け取っていただいた
国際興業バス副署長さんに
この場を借りて感謝申し上げます。

いずれにしても実現へ粘り強く取り組んでいきたいと思います。

側溝清掃、街灯設置、道路舗装、公園遊具の修繕・・・行政と住民のパイプ役として

戦争法案をめぐって、国会がたいへん緊迫した情勢になっています。
安倍政権は数を頼みに押し通そうとしていますが、
国民のつよい批判の声を前になかなか採決を強行できない
というのが今の局面かと思います。

昨日(9月14日)も、平日の夜にもかかわらず
国会前に45000人もつめかけました。

今朝は東浦和駅で、国会前の様子を報じた
「しんぶん赤旗」を持ちながら宣伝をしました。
戦争法案の廃案を求めて最後まで力を尽くしたいと思います。
DSC_1012~2

という中ではありますが、
同時に市議会議員としては
市民のみなさんの様々な生活の声にこたえなければなりません。

先日の大雨で各地で大きな被害が出ました。
被災された皆様にお見舞い申し上げます。

さいたま市でも岩槻区などはかなり水が出ました。
緑区でも、道路冠水があちこちでありました。
とりわけ、岩槻区との境では大水がでたこともあり、
調節池が建設されるなどしてきた経緯があります。

あの雨の日(9月10日)に美園小南側にある調節池を見に行ったところ、
ギリギリとは言いませんが、あと2mくらい?
のところまで調節池に水が貯まっていました。
DSC_0999~2

13日には調節池の近辺を聞き取りをして回り、
道路冠水も大部分は半日でひいたことを確認しました。
住民の方に側溝の清掃を頼まれたので、
すぐに区役所のくらし応援室に伝えておきました。

また緑区の美園地域は宅地開発がどんどん進んでいます。
ある場所では、家は建ったが街灯もなければ道路も未舗装。
困っていると、住民から声が寄せられました。
DSC_1006~2
これも13日に現地を見に行って、
電柱はあるので街灯をすぐに設置して、
道路も市道なので舗装をするように
くらし応援室に持ち込みました。

また、松芝公園の運動遊具が壊れたままになっている、
高齢者の健康づくりの体操に使用しているので
早く直してほしいとの要望も出されたので
これも修繕を担当課に求めました。
DSC_1008~2
ただし、こちらは同様の修理をしなければならない公園が
市内に30か所ほどあるので順番待ちになっているとのこと。
全市で修繕が待たれているのだから、
それこそ早く取り組むよう要望しておきました。

ここに書いた以外にも、様々な要望を受けています。
住民にとっては困ったことはあるけど、
どうしたらいいか、誰に言えばいいかがわからない、
というのが実情だと思います。

行政と住民のパイプ役、というのも
地方議員の大切な仕事です。

市民の困ったことや願いに
こたえられるよう、努力したいと思います。

住んでよかったと思える緑区をめざします!

今日は午前中に三室で開かれた集いにお招きいただき、
私の政策などをお話しするとともに、
みなさんの政治への願いや
地域の要望を聞かせていただきました。

今の政治に対しては、
「安倍首相は戦争に向かって突っ走っているのが本当に怖い」
「私は東京大空襲を7歳の時に体験した。戦争は本当に恐ろしい」
「戦争は終わった後がまたたいへん。」
「あの貧しい時代がどれだけたいへんだったか、安倍首相にはわかるまい」
と、安倍政権の戦争への暴走が一番の話題に。

私からは
「二人の子育て真っ最中だが、子どもたちを戦場に連れて行く国にしたくない。
そんなことのために子育てをしているのではない。
安倍政権の戦争への暴走をストップさせるのは、
子どもたちに対する親の責任だと思っている。ぜひ止めたい」
という話をしました。

また地域要求もいろいろと出されました。
「北宿通りの渋滞の解消を」
「県立教育センター跡地は防災公園や特養ホームにしてはどうか」
「近くにお店がなく、自転車にも乗れない高齢者は買物難民状態だ」
「コミュニティバスを通してほしい」
などなど、本当にたくさんいただきました。

今、下のようなビラをお配りしています。
(クリックすると大きくなります)
三室はもちろん、緑区のみなさんの願いにこたえていきます!
1503 松村実績ビラ

午後からは街頭演説に。
たいへん暑かったです。
このあと上着を脱いで、腕まくりもしました。
公園で花見をしている人がたくさんいて、
ちょっとうらやましかったです(^_^;)

s-IMG_1462

というわけで、今日の報告動画です。
今回は2回目、ということもあり少しはマシなコメントになったかと思います。
よろしかったら見てください。
 
日本共産党 松村としお 3/30をふりかえって - YouTube

9月の主な宣伝予定

松本さん、コメントありがとうございます。

東浦和駅の北側に音響式信号機をつけてほしいというご要望についてですが、
場所はさいたま市緑区なので、浦和東警察署の管轄になります。 

また交通弱者用押しボタンはあるが用途がわからない、という点については調査してみます。
信号機等交通対策関連の要望は緑区各地より多数いただいています。
松本さんからいただいた要望とあわせて私の方でも警察に持って行きたいと思います。 

なお、埼玉県警のホームページに、信号機等についての意見・要望のページがあります。
ちょっとわかりにくいですが、松本さんがご自身で要望することもできます。
東浦和警察署に直接持ち込んでいただいてもいいのではないかとも思います。

標識BOX・信号機BOX(道路標識・信号機意見箱) - 埼玉県警察公式ホームページ

参考になりましたら幸いです。


9月の主な宣伝予定をお知らせします。
宣伝に参加してくださる方、大歓迎です。

16日(火) 東浦和駅  6:30~7:30
19日(金) 浦和駅美園駅東口  18:30~19:30
26日(金) 東浦和駅  17:00~18:00
30日(火) 東浦和駅  6:30~7:30
 
なお、予告なく中止したり場所を変更したりする場合もありますのでご容赦ください。 
(できるだけツイッターなどでお知らせします)

また、宣伝カーを毎日運行しています。
お騒がせしますが、ご協力よろしくお願いします。
見かけたら手を振ってくださるとうれしいです。

↓9月9日 東浦和駅での朝宣伝の様子です。
140909 東浦和駅宣伝