松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

相談が寄せられました

美園小通学路の安全対策が一歩前進!

今日は東浦和駅での朝のあいさつから。

集団的自衛権の問題で、
日本が戦争ができるようになるかどうか、
今が分かれ道。
子どもたちが大きくなったとき、
戦争ができる日本を渡すわけにはいかないと、
安倍政権の暮らしと平和を壊す暴走のストップを
力をこめてうったえました。
s-P1010717

続いて国道463号線の畷橋(なわてばし)付近に
信号機を設置してほしいと、住民のみなさんが声をあげ、
日本共産党の加川よしみつ市議もいっしょにとりくんできました。
それがようやく実現し、本日から使えるように。


畷橋。ストリートビューを見たら工事中でしたが、すでに工事は終了してます。
https://www.google.co.jp/maps/@35.887278,139.741342,19z

「点灯式」というセレモニーが行われました。
住民と取り組んできた経過もあって、加川議員も出席。
私も同席させていただきました。

警察の方や、地元自治会の方、加川議員が挨拶して
信号機の周りに警察が用意した塩をまいてお浄め。
ようやく信号機にスイッチオン!
みんなで「渡り初め」をして終了しました。


↓スイッチを押す加川議員と地元自治会の方
DSC_0014

どこの信号機でもこうしたことをやっているのかはわかりませんが、
関係者のみなさん、お疲れさまでした。

終了後は、通学路の安全にとりくんでいる住民の方から、
警察の方へさらに要望が出されていました。
また、短い時間でしたが、懇談もしました。


s-P1010719

美園小学校は岩槻区と緑区の子どもが通っていることから、
通学路の安全対策の住民運動は
両方の区の方や自治会がかかわっています。

というわけで、来春の市議会議員選挙岩槻区予定候補の
大木学(おおき・まなぶ)さんと加川議員とで記念撮影。

s-P1010723

美園小学校の通学路の安全対策はまだ不十分で、
綾瀬川に歩行者用の橋をかけてほしい、という要求も強く、
要望署名も6000筆をこえて市に届けられています。
大木さんとタッグを組んで、 実現に努力します!

緑区くらし応援室に要望を届けてきました

今日の午前は、
私や加川議員のもとに寄せられた緑区民のみなさんの要望を
要望者や加川議員といっしょに
緑区くらし応援室に届けてきました。
s-P1010639

・カーブミラーをつけてほしい(多数!)
・子どもの通学路に安全標識の設置もしくは書き直し
・雨が降ると水がたまり、家に流れ込んでくる
・道が暗いので、防犯のために街灯を設置してほしい

などなど。
ほかにも寄せられている要望はありますが、
所轄が違うということで(こういうのが分かりにくいんですよね~)、
後日また適切な部署に届けていきたいと思います。

午後は再び現地調査。
美園地域で農業を営む方から、
産業廃棄物がどうにかならないか、との相談。
見てきました。

s-P1010648

相談者の方の農場のすぐ隣が上の写真のようなあり様に。
離れて見てもハッキリ見えるほどうず高く積まれています。
s-P1010666

本来なら分別して再生処理など次の工程ににまわすのが
最低限やるべきことなのでしょうが、どんどん高くなっているとのこと。

ちなみにすぐとなりには見沼代用水に沿って
「緑のヘルシーロード」が通っています。 
見沼田んぼは景観の良いところですが、
残念ながら一部にこういう現状があります。

景観上の問題だけでなく、いまにも崩れそうなところもあり、
安全面からも放置できない状況ということも訴えられました。
s-P1010662

あわせて、新見沼大橋有料道路の下が荒れ地になっていて
不法投棄も多く、対策を取ってほしいとの話も。
その際、今年度から新見沼大橋の下の一部を利用したドッグラン整備がはじまるので、
そのことと合わせて、全体をどうにかしてほしいとのことでした。

ちなみにさいたま市の資料によると、
市の不法投棄の約半分は緑区だそうです。
う~ん、悲しい…。

不法投棄マップ(さいたま市ホームページ)
http://www.city.saitama.jp/001/006/009/p021415_d/fil/huhoutoukimap.pdf

いま、農業はたいへん厳しい状況にあるのは誰もが知ってのとおりですが、
そのなかでも踏ん張って、がんばっている農業者を応援する施策に取り組んでほしいと
相談者の方(下の写真中央)が訴えていたのが胸にズシンときました。
s-P1010677

確かに、ここで紹介した写真のような現状は
たいへん悲しいものがあります。
いただいた声を生かした対策をとるよう、
市に対して求めていきたいです。

住みよいまちづくりは住民の声から

今朝は小雨の降るなか、
道路標識やカーブミラーなど、
交通安全について寄せられていた
要望の現地調査を行いました。


↓保育園前の道路標識。もはや読めない…。
P1010628

街灯や信号の設置も含め、
交通安全や通学路の安全確保
の要望がとにかく多い!

なかには
「だいぶ前に市に伝えたのにちっとも動かない」
と話す方もいました。

いずれにしてもこうした写真も示しながら、
住民のみなさんと具体的に改善を求めていきたいと思います。

まちのことをいちばん知っているのは、
そこに住んでいる人です。
だから、住みよいまちづくりの出発点は、
住民の声を聞くことだと思っています。

「以前はやってくれたことも、さいたま市になってからやってくれなくなった」
という声も良く聞きます。

さいたま市になって以来、
市の職員数が減らされ、
議員の数も定数削減でだいぶ減っています。

そのぶん、以前にも増して、
議員一人ひとりの役割が
重くなっていると思います。

市民の声をまっすぐ市政に届ける
日本共産党の議席の価値は
本当に計り知れないものがあると日々実感しています。
加川議員からしっかりバトンを受け取らなくては!

緑区役所へ要望を届けてきました

今日は加川よしみつ議員と緑区役所へ。

この間、住民のみなさんから寄せられていた相談を持って行きました。

①新しく尾間木地域に開設された学童保育前の道路の安全対策
②最近事故が起きた道路の安全対策
③舗装されていない道路の対策
④不法投棄対策

それぞれ場所を示して、相談内容についてお話してきました。 

緑区役所の職員の方も現地を確認して対応したいとのこと。
確かに、現場確認をするのは私たちも同じこと。

そのなかでも①の学童保育前の道路の安全対策は早急な対応を約束してくれました。

忙しいなか丁寧に話を聞いていただいた職員の方に感謝です。
(議員といっしょ、というのはかなり大きいと感じました)

と同時に、しっかりと対応していただきたい、と思います。 

↓地図を広げながら、職員の方に要望を伝えました。
 s-IMG_2125

日本共産党の議員は、
「市民の声を市政にまっすぐ届ける」
ということを掲げています。
(さいたま市に限らず)


議会質問で届けることもそうですが、

今回のように地味に、地道に届けるのも含まれているんだな~、と実感。

街路樹の植え替え

緑区宮本の美容室の方から、
「街路樹を植えないでほしい」
との相談が寄せられました。

4月はじめに加川市議といっしょにお話をうかがいに行きました。
そこで聞いた話は、
お店の前に街路樹が植えられるという話を市から聞いたが、
それでは車で来る車いすのお客さんが乗り降りがしづらくなる、
とのことでした。

街路樹自体は悪いことではありませんが、
障害者のバリアーになるのでは確かに困ります。 

加川市議がさっそく市の担当課に連絡を入れ、聞いた話を伝えたところ、
今週に入って美容室の前ではなく、別のところに植えることになったそうです。

小さなことかもしれませんが、市民と行政のあいだをつなぐ議員の力を見たと思いました。


↓お店の方にお話を聞いているところ(4月2日)。
お店の方が立っているところに街路樹を植える計画でした。

s-140402 現地調査(植え替え) (5)