松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

実現しました

【新型コロナ対策】学校休校でどこも大混乱! 改善の成果も

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、として3月2日から学校がいっせいに休校となりました。

国会で安倍首相は休校を決めた科学的根拠を示せず、「政治判断」と説明しました。文科大臣はストップをかけ、官房長官は発表当日に知り、専門家会議の意見も聞かず決めたのですから、安倍首相がパニックを起こしているのかもしれません。

休校が始まったとたんに私のところに親御さんや学童保育の関係者から次々と苦情や相談の電話等が寄せられ、あちこちで大混乱が起きていました。

さいたま市では事情のある家庭の小学生と特別支援学級生は学校で預かることや休校は15日までとして、16日から登校(事情が変われば延長)、卒業式は教員と生徒のみなどとしました。
2月27日(木)の夕方に休校「要請」が発表され、教育委員会は翌28日(金)の昼までに方針を決定。小学校低学年は給食後まもなく下校するので、それまでに手紙を持たせなければならないからです。
教育委員会の方針を受けて3月2日(月)からの子どもの受け入れについて各学校で具体化されたのですから、教育委員会も各学校もたいへんだったことと思います。

こうしたなかでも、少なくない小学校でパソコンルームや図書室、体育館を活用したり、教室備え付けのテレビでビデオを見るなど、工夫して子どもが過ごせるようとりくんだようです。

しかし、緑区のある小学校では子どもを一つの教室にまとめてしゃべっても動いてもダメ、じっと一人で朝から夕方まで自習、というところも。帰って来た子どもが「もう明日から行きたくない」と苦痛をうったえたそうです。

この話を聞いて、私は教育委員会に対し
「工夫した取り組みをしている学校もある。改善するよう学校に伝えてほしい」
と申し入れました。
また教育委員会はスポーツ振興センター共催の給付対象とならないという見解を出していましたが、文科省が「対象になる」と見解を出したことを受け、早急な見直しをあわせて求めましたが、こちらも改善されました。

上記の小学校区の学童保育は「昼間は学校で預かってくれるのだから」と夕方からの開所で対応するとしていたのですが、子どもたちが「行きたくない」と口々にうったえたことから急きょ3日から8時からの受け入れを決めたそうです。

6日にその学童保育所にうかがい、お話を聞かせていただきました。

「朝から子どもを受け入れるためには支援員の増員が本来は必要だが、結局はシフトを変更して長時間勤務にならざるを得ない。そのための費用について説明がない。人件費も光熱費もかかる。消毒液もマスクも足りない。開所することで支援員も子どもも感染リスクを背負うのに、何の手当もないのか」と憤りをあらわにしていました。

この時点では国からは朝から開所した学童保育に対して一日10200円の補助金を出すとしていましたが、これではとても足りません。
このことはさいたま市議会の予算委員会でさっそく取り上げ、国に求めるとともにさいたま市としても学童への支援を充実させるよう求めました。
その後日本共産党の宮本徹衆院議員や畑野君江衆院議員が国会質問でとりあげて、厚労省も「保護者負担分は求めない。必要に応じ追加の措置も検討する」と表明し、さらに2万円の上乗せ案が出てきました。

しんぶん赤旗:新型コロナ対策 支援強化 政府も「検討」 宮本氏質問(3月7日)http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2020-03-07/2020030702_02_1.html

しんぶん赤旗:
新型コロナ対策 一律休校 子の人権守れ 畑野氏要求(3月7日)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2020-03-07/2020030702_03_1.html

この学童保育支援員の方は「せめて1週間前から休校の話が出ていれば準備のしようもあったのに」と急に朝から開所するための支援員のシフト変更や物資の確保に追われ「大変だ」と怒りをにじませ私にうったえました。安倍首相の思い付きで振り回される子どもと関係者がいかに迷惑をこうむっているか痛感しました。

なお、こうした経過をSNSにあげたところ、週刊誌記者から「話を聞かせてほしい」と声がかかり、知っている状況を伝えました。もしかしたら記事に出るかもしれません。

たいへんなのは子どもだけではありません。地域経済も深刻な影響を受けています。

緑区のある零細製造業の方から
「昨年10月からパタッと注文がなくなった。中国関係の仕事が戻る見通しがない。困った」
とうったえられました。

東浦和で飲食店を営む自営業の若い夫婦からも
「消費税増税で客足が減って、コロナウイルスでさらに遠のいた。緊急融資を紹介されたが借金だから利用するか迷う」
との声もよせられました。

党市議団でもさっそく予算委員会でとりあげ、休業補償・営業補償を求めました。国会でも党議員が同様の質問を行っています。

休業補償については具体化されつつありますが、業者に対しては融資にとどまっています。
国は無利子融資を表明しましたが、返済しなくてはならないことには変わりありません。
まだまだ見通しは厳しいです。地域経済への支援をいっそう強く求めていかなければなりません

私も予算委員会で市立病院に関する質問をしましたが、そのなかで新型コロナウイルス対策についてとりあげ、公的・公立病院が地域での市民の命と健康の砦になっている、国も地方もしっかり支援するよう求めよと主張しました。
市立病院の担当者からは国からは患者の受け入れ等要請は来ても財政措置などはないという答弁もありました。
公立・公的病院の統廃合計画を打ち出した安倍政権ですが、国民の生命を守ることについてあまりにもやる気がなさすぎます。

2003 予算(企業会計)②

このような政権が退陣することこそ迅速な対策推進の第一歩、と言っても言い過ぎではない状況が生まれています。
草の根で国民と結びつく日本共産党ならではの国会と地方議会の連携プレーで、新型コロナウイルスと安倍政権の混乱した対策に立ち向かってがんばります。

尾間木公民館の駐車場拡張が実現へ!

尾間木公民館は児童館や消防署との複合施設になっています。
緑区唯一の児童館ということもあり、車を利用する方も少なくありません。
そのため、駐車場が狭く、利用者にとって不便なことや、路上駐車で近隣に住む方が迷惑しているといった声が寄せられてきました。

昨年9月にも駐車場拡張を求めましたが、そのときは
「用地の情報収集と関係部局との連携で検討して、テンポについても考えていきたい」
ということでした。

あらためて今度の9月議会でこの問題を質問しました(下写真)
尾間木公民館駐車場を広げるよう求めたところ、
「駐車場用地を確保した」
「年内に仮設で駐車場を利用できるようにしたい」

という答弁が返ってきました。

規模について再度尋ねたところ
「検討中だが30台程度とめられるようにしたい」
という答弁でした。

実は建設時にも当初計画では駐車場が不十分だと、加川義光前市議がとりあげ、
駐車台数を増やさせた経過があります。
開館したらそれでも足りなかったということで私が改めてとりあげましたが、
拡張が実現する見通しになったことをうれしく思います。
2018年9月議会・文教委員会議案外質問(松村)②

東浦和駅から市立病院へバス路線延長が実現!

昨日、6日からさいたま市議会9月定例会がはじまりました。
が、7月に新議長になって以後、議会運営の調整で相変わらずなかなか議事が進まず…、
という状況が続いています。

さて、
昨年の12月にブログで書いたのですが、
東浦和駅と馬場折返を結ぶ国際興業バス路線を
市立病院まで延長してほしい、

と市民のみなさんと署名に取り組み、バス会社に届け、議会で質問し、
と取り組んできました。 

市立病院までバス路線の延長を

http://m-toshio.blog.jp/archives/1063209289.html


このたび、国際興業バスから発表があり、
9月16日から市立病院まで路線が延長されることになりました!

【国際興業バス】9/16(土)東浦和駅~市立病院線新設他ダイヤ改正のお知らせ1709 バス路線改定
↑国際興業バスホームページより

現在、市立病院は工事中ということで、もう少し時間がかかるかな、
と思っていたのですが、早い時期に実現できてうれしいです。

「本数を増やしてほしい」「路線の改善を」など
バスに関しては様々な要望が寄せられています。

またコミュニティバスについても本数増や料金引き下げ、
路線増など要望が寄せられています。

引きつづき身近な公共交通の充実にとりくみます。

イオン浦和美園店近くの仮橋が改善へ

今度の6月議会からまちづくり委員会に常任委員会の所属が変わりました。

8日の議案外質問(議員が委員会に関する範囲であれば基本的に何でも質問できる)で
うれしいことがありました。

表題のとおり、
イオン浦和美園店の近く(南側)にある仮橋を改修する見通し
が示されました。(下の地図参照)


この仮橋(下の写真で私が持っているパネル)について多くの方から
「狭くて危ないからなんとかしてほしい」
という声が寄せられていました。
IMGP3135
↑今回の質問の写真

2年前、加川市議(当時)といっしょに
市に改善を求めたこともあります。
しかし、この間は色々理由をつけて「難しい」と言われてきました。

なんとか実現できないかという思いで、今回の質問でとりあげることにし、
パネルも(自分で)つくるなど、力をいれて準備しました。

とはいえ、この間の経過を考えると期待できないな、と
思っていたのですが、市の答弁は

「現在車や歩行者の通行が危険な状態なので、
道路幅を拡げる道路整備を9月下旬の完成に向け、
現在、都市再生機構などと協議を行っている

というものでした。

思わずビックリして、
「今年の9月ですか!?」
と聞き返してしまいました(^^;)
もちろん、答弁は「そうです」というものでした。

この仮橋に関していろいろ質問を用意していたのですが、
必要がなくなってしまいました。
うれしい誤算です。

まだ「協議の段階」なので、予断は許しませんが、
「9月下旬の完成に向け」と具体的な期日も含めて検討しているので、
ほぼ間違いないことと思われます。
本当にうれしく思います。


また、他にも美園地域の要望が(細かいことですが)実現したので紹介します。

①国道122号線に接続する道路の交通安全対策

↓左から橋脚の陰から歩行者が出てきて事故が起きるとの声が寄せられ…
DSC_1635

↓注意喚起の看板を設置してもらいました。
DSCN0220


②「大型車進入禁止」看板の向き

↓国道463号線から国道122号線に抜ける道の入り口にかけられた看板が、
バスが走っている国道463号線側から見えない角度に立っていて用をなしていない
との声が寄せられ…
IMG_20160412_195553

↓外向きにしてもらいました。(写真の角度が上と違うので分かりにくいですが)
IMG_20160605_203227

こうしたことは区役所の「くらし応援室」が対応してくれるのですが、
住民の方からすると

「誰に言えばいいのかわからない」
「勝手にいじるわけにはいかないのでは」

といろいろな思いがあります。

そうした時に頼っていただけるというのは
やはりうれしいものです。


さて、いよいよ参議院選挙が迫ってきました。
(6月22日公示・7月10日投票予定)

6月11日に大宮駅西口で日本共産党街頭演説会が行われました。
9000人が集まったとのことです。
志位和夫委員長のうったえも、
野党共闘と安倍政権打倒への強い思いが伝わり、
たいへん盛り上がりました。

日本共産党の比例での躍進と、
埼玉での伊藤岳さんの勝利にむけ、
力を尽くしたいと思います。
DSCN0248

7月参議院選挙 期日前投票所が増えます

明日・6月1日は国会最終日。
衆議院解散・総選挙が取りざたされていますが、
どうなるのでしょうか。

一部に解散「見送り」報道がされていますが、
いずれにせよ日本共産党と伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補の政策・支持を
呼びかけていき対と思います。


↓今朝の東浦和駅にて
IMG_20160531_111401


さて、すでに一部で報道されていますが、
7月に行われる予定の参議院選挙で期日前投票所が
従来の場所に加え、商業施設等にも増やされる見通しです。

ただし、「どこでも誰でも投票できる投票所」(共通投票所)ではありません。
施設ごとに住まいの区(行政区)で期日前投票が出来る場所は決まっています(下のかっこ内)。

・イオン与野(西区、大宮区、中央区、桜区)
・浦和コミュニティーセンター(浦和区、南区)
・イオン浦和美園(緑区)

今行われている6月議会にそのための補正予算が出され、
予算委員会で本日(5月31日)審議し、日本共産党も含め全会派が賛成しました。
(最終的には後日の本会議で採決されて成立となります。)

なお、審議の中でイオン浦和美園に岩槻区が含まれないのはスペースの都合だということや
衆参ダブル選挙になった場合でも対応できるように検討していることなどが明らかになりました。

また商業施設での政治的な公平性・中立性を保つために
協定を結ぶことになるそうです。

予算委員会としても選挙管理委員会に対し、
その点しっかり取り組むよう求める決議を採択しました。

期日前投票所が増えたことで、多くの方が投票できる機会が増えることを願っています。
もちろん、私も政治家のはしくれとして投票率向上に貢献しなくては、ですね。

私自身、2月に行われた2016年度予算審議のなかで、
投票日当日の投票所と期日前投票所(各区二つとなっている)を
それぞれ増やすよう求めたところです。

これに対し市は
投票所を増やすことは「投票率を上げるには必要」と認め、
「1万何千人いる過大投票区の優先を解消したい」と答弁。

また経費の問題もあるとしましたが、
「期日前投票所の増設の可能性も含めて検討」とも答弁しました。

〈投票日前の3日間・全市で3カ所〉というのはまだ不十分だと思いますが、
求めてきたことが一定程度実現したことはうれしく思います。

↓本日の予算委員会で質問している様子です

DSC_6825

なお、先日・5月29日に安保法制廃止などをかかげた
「オール埼玉総行動集会」が北浦和公園で行われ参加してきました。
全体で約1万人が参加したそうです。
子どもたちも浦和駅までのパレードを歩きとおしました。
小学生にもなるとさすがだな、と感心してしまいました。

集会での発言や熱気の中で、
市民の力が一歩ずつ、紆余曲折はあっても、政治を動かしていると感じました。
同時に、右翼の妨害行動やそれに対する警察の対応を見て、
今後の激しいたたかいも予感しました。
市民のみなさんと力を合わせて前進したいと思います。

↓日本共産党緑区後援会の方にいただいた「オール埼玉総行動」写真です
DSC_0095-2