松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

実現しました

東浦和駅から市立病院へバス路線延長が実現!

昨日、6日からさいたま市議会9月定例会がはじまりました。
が、7月に新議長になって以後、議会運営の調整で相変わらずなかなか議事が進まず…、
という状況が続いています。

さて、
昨年の12月にブログで書いたのですが、
東浦和駅と馬場折返を結ぶ国際興業バス路線を
市立病院まで延長してほしい、

と市民のみなさんと署名に取り組み、バス会社に届け、議会で質問し、
と取り組んできました。 

市立病院までバス路線の延長を

http://m-toshio.blog.jp/archives/1063209289.html


このたび、国際興業バスから発表があり、
9月16日から市立病院まで路線が延長されることになりました!

【国際興業バス】9/16(土)東浦和駅~市立病院線新設他ダイヤ改正のお知らせ1709 バス路線改定
↑国際興業バスホームページより

現在、市立病院は工事中ということで、もう少し時間がかかるかな、
と思っていたのですが、早い時期に実現できてうれしいです。

「本数を増やしてほしい」「路線の改善を」など
バスに関しては様々な要望が寄せられています。

またコミュニティバスについても本数増や料金引き下げ、
路線増など要望が寄せられています。

引きつづき身近な公共交通の充実にとりくみます。

イオン浦和美園店近くの仮橋が改善へ

今度の6月議会からまちづくり委員会に常任委員会の所属が変わりました。

8日の議案外質問(議員が委員会に関する範囲であれば基本的に何でも質問できる)で
うれしいことがありました。

表題のとおり、
イオン浦和美園店の近く(南側)にある仮橋を改修する見通し
が示されました。(下の地図参照)


この仮橋(下の写真で私が持っているパネル)について多くの方から
「狭くて危ないからなんとかしてほしい」
という声が寄せられていました。
IMGP3135
↑今回の質問の写真

2年前、加川市議(当時)といっしょに
市に改善を求めたこともあります。
しかし、この間は色々理由をつけて「難しい」と言われてきました。

なんとか実現できないかという思いで、今回の質問でとりあげることにし、
パネルも(自分で)つくるなど、力をいれて準備しました。

とはいえ、この間の経過を考えると期待できないな、と
思っていたのですが、市の答弁は

「現在車や歩行者の通行が危険な状態なので、
道路幅を拡げる道路整備を9月下旬の完成に向け、
現在、都市再生機構などと協議を行っている

というものでした。

思わずビックリして、
「今年の9月ですか!?」
と聞き返してしまいました(^^;)
もちろん、答弁は「そうです」というものでした。

この仮橋に関していろいろ質問を用意していたのですが、
必要がなくなってしまいました。
うれしい誤算です。

まだ「協議の段階」なので、予断は許しませんが、
「9月下旬の完成に向け」と具体的な期日も含めて検討しているので、
ほぼ間違いないことと思われます。
本当にうれしく思います。


また、他にも美園地域の要望が(細かいことですが)実現したので紹介します。

①国道122号線に接続する道路の交通安全対策

↓左から橋脚の陰から歩行者が出てきて事故が起きるとの声が寄せられ…
DSC_1635

↓注意喚起の看板を設置してもらいました。
DSCN0220


②「大型車進入禁止」看板の向き

↓国道463号線から国道122号線に抜ける道の入り口にかけられた看板が、
バスが走っている国道463号線側から見えない角度に立っていて用をなしていない
との声が寄せられ…
IMG_20160412_195553

↓外向きにしてもらいました。(写真の角度が上と違うので分かりにくいですが)
IMG_20160605_203227

こうしたことは区役所の「くらし応援室」が対応してくれるのですが、
住民の方からすると

「誰に言えばいいのかわからない」
「勝手にいじるわけにはいかないのでは」

といろいろな思いがあります。

そうした時に頼っていただけるというのは
やはりうれしいものです。


さて、いよいよ参議院選挙が迫ってきました。
(6月22日公示・7月10日投票予定)

6月11日に大宮駅西口で日本共産党街頭演説会が行われました。
9000人が集まったとのことです。
志位和夫委員長のうったえも、
野党共闘と安倍政権打倒への強い思いが伝わり、
たいへん盛り上がりました。

日本共産党の比例での躍進と、
埼玉での伊藤岳さんの勝利にむけ、
力を尽くしたいと思います。
DSCN0248

7月参議院選挙 期日前投票所が増えます

明日・6月1日は国会最終日。
衆議院解散・総選挙が取りざたされていますが、
どうなるのでしょうか。

一部に解散「見送り」報道がされていますが、
いずれにせよ日本共産党と伊藤岳参院埼玉選挙区予定候補の政策・支持を
呼びかけていき対と思います。


↓今朝の東浦和駅にて
IMG_20160531_111401


さて、すでに一部で報道されていますが、
7月に行われる予定の参議院選挙で期日前投票所が
従来の場所に加え、商業施設等にも増やされる見通しです。

ただし、「どこでも誰でも投票できる投票所」(共通投票所)ではありません。
施設ごとに住まいの区(行政区)で期日前投票が出来る場所は決まっています(下のかっこ内)。

・イオン与野(西区、大宮区、中央区、桜区)
・浦和コミュニティーセンター(浦和区、南区)
・イオン浦和美園(緑区)

今行われている6月議会にそのための補正予算が出され、
予算委員会で本日(5月31日)審議し、日本共産党も含め全会派が賛成しました。
(最終的には後日の本会議で採決されて成立となります。)

なお、審議の中でイオン浦和美園に岩槻区が含まれないのはスペースの都合だということや
衆参ダブル選挙になった場合でも対応できるように検討していることなどが明らかになりました。

また商業施設での政治的な公平性・中立性を保つために
協定を結ぶことになるそうです。

予算委員会としても選挙管理委員会に対し、
その点しっかり取り組むよう求める決議を採択しました。

期日前投票所が増えたことで、多くの方が投票できる機会が増えることを願っています。
もちろん、私も政治家のはしくれとして投票率向上に貢献しなくては、ですね。

私自身、2月に行われた2016年度予算審議のなかで、
投票日当日の投票所と期日前投票所(各区二つとなっている)を
それぞれ増やすよう求めたところです。

これに対し市は
投票所を増やすことは「投票率を上げるには必要」と認め、
「1万何千人いる過大投票区の優先を解消したい」と答弁。

また経費の問題もあるとしましたが、
「期日前投票所の増設の可能性も含めて検討」とも答弁しました。

〈投票日前の3日間・全市で3カ所〉というのはまだ不十分だと思いますが、
求めてきたことが一定程度実現したことはうれしく思います。

↓本日の予算委員会で質問している様子です

DSC_6825

なお、先日・5月29日に安保法制廃止などをかかげた
「オール埼玉総行動集会」が北浦和公園で行われ参加してきました。
全体で約1万人が参加したそうです。
子どもたちも浦和駅までのパレードを歩きとおしました。
小学生にもなるとさすがだな、と感心してしまいました。

集会での発言や熱気の中で、
市民の力が一歩ずつ、紆余曲折はあっても、政治を動かしていると感じました。
同時に、右翼の妨害行動やそれに対する警察の対応を見て、
今後の激しいたたかいも予感しました。
市民のみなさんと力を合わせて前進したいと思います。

↓日本共産党緑区後援会の方にいただいた「オール埼玉総行動」写真です
DSC_0095-2

尾間木地域に複合公共施設ができました

本日23日はさいたま市立小学校の卒業式。
私も近くの小学校卒業式に臨席してきました。
卒業されるみなさん、おめでとうございます。
DSC_1590

さて、尾間木地域に消防署・児童センター・公民館が入る
複合公共施設の落成式が22日に行われました。
IMG_20160322_161404

すでに消防署は移転しています。
児童センターと公民館は4月1日から開館になります。

消防署建設に当たっては周辺の住民のみなさんから
サイレン等に対してうるさいのではと心配の声があがったこともあり
吸音性の材質を使うなど設計を変更したことで
着工が遅れました。

さらに建設工事が始まってからも水が湧いたとのことで、
その対策でまた完成が遅れました。

尾間木公民館もながらくいわゆるプレハブで部屋数も少ないことから
早期の建設を望む声が私のところにも多く寄せられていました。

また建設計画が明らかになるなかで、
駐車場台数が当初20台となっていましたが、
住民の声もあり、加川前市議も市に求め、33台に増えました。

紆余曲折はありましたが、開館にこぎつけたことを嬉しく思います。
児童センターは緑区はこれまでなかったので、
多くの方に利用していただきたいと思います。
DSC_1587
↑道路側・正面から見た消防署

1月には美園地域にコミュニティーセンターや図書館、支所などが入った
複合公共施設がオープンしたばかりです。

市民要望を受けてできたものとはいえ、
複合化した施設ばかりなのには理由があります。

今のさいたま市は、公共施設整備については
単体ではつくらない、
つくるなら複合化してかつ床面積を減らす、
といった方針をとっています。

その名を「公共施設マネジメント計画」と言います。

さいたま市HP/さいたま市公共施設マネジメント計画
http://www.city.saitama.jp/006/007/014/014/002/index.html

国の方針もあって、多くの自治体がこうした「計画」を立てています。

ところがこの方針によって市民に必要な施設がつくりにくくなっています。

例えばさいたま市の市営住宅の住民当たり戸数が政令市中最低です。
建て替えを進めていますが、5戸しか増やしません。
党市議団は増やすよう求めていますが、
公共施設マネジメント計画で増やさないと決めたから増やさない、
という機械的な答弁が返ってきます。

市民の願いよりも机上で作った「計画」が優先されるという
逆立ちした行政がいまのさいたま市で進められています。

もちろん、財政に限りはあるのでなんでも好きなだけとはいきませんが、
市営住宅のように不足している施設の建設まで抑え込むのは本末転倒です。

「住民福祉の増進」という地方自治法に書き込まれた
地方自治体の本来の役割を置き去りにした「計画」は見直すべき、
と私たち党市議団は考えています。

東浦和駅前の喫煙スペースが移動

東浦和駅からは、埼玉協同病院へのバスが出ています。

ところが、駅改札口から発着所の間に灰皿があったことから、
受動喫煙について対策を求める声が
病院を利用する方や、病院関係者から寄せられ、
私からも市に対策を求めてきました。

この間、市が灰皿の設置者や自治会とも調整をして、
このほど駅前広場の別のポイントに移動することになり、
昨年12月に実現しました。

要望を寄せてこられた方々からはたいへん喜ばれています。


↓灰皿移動後の東浦和駅の様子
DSC_1337~2

DSC_1336~2

さいたま市には
「さいたま市路上喫煙及び空き缶等のポイ捨ての防止に関する条例」
がつくられていて、
大宮駅や浦和駅など主要な駅の周辺で禁煙エリアを決めています。

さいたま市HP/さいたま市路上喫煙及び空き缶等のポイ捨ての防止に関する条例
http://www.city.saitama.jp/001/009/014/p003040.html

市は対象駅をさらに広げることについては、
環境美化指導員の配置をしなければならなくなるので
財政上難しい、とのこと。

たばこの健康上の悪影響についてはいまさら指摘するまでもありません。
喫煙者のみならず、受動喫煙や胎児への影響もあります。
(個人的にはあの匂いはたいへん苦手です)

全体として規制を強める方向で市に働きかけていきたいと思います。