松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

日記

スポーツ振興にわざわざ基金が必要?

予算委員会がはじまっています。

まずは2月議会補正予算審議が終わりました。

不妊治療の助成金の上乗せ(15万円)で30万円へ
保育士資格を取る人への学費等の貸付(一定条件で返済免除)
など、いいものや理解できるものが含まれています。

しかしながら、マイナンバー関連やスポーツ振興基金(新たにつくる)など
問題のある予算が含まれているため、
日本共産党市議団は補正予算案に反対。
本日の討論に私がたちました。
(他会派は全部賛成したため可決)

スポーツ振興基金については私が質疑も行いました。
この基金は国際自転車競技大会=さいたまクリテリウム
の余剰金4900万円をもとにしたものです。

そこで私は
①基金でなければできなスポーツ振興のとりくみがあるのか
聞いたところ「ない」とのこと。
②一般会計にいれてはいけない理由はあるか
聞いたところ、「減額補正も検討した」とのことで、
一般会計に戻すこともできることが示されました。

1602 補正予算質疑
↑市の職員に質問している様子です。

結局、必要のない基金をつくることにほかなりません。

子どものスポーツ振興、大会参加への補助ということが言われましたが、
基金をつくることでかえって基金の残高の範囲に狭められるおそれもあります。

無駄な「ビッグイベント」を見直して、
その分を子どもや市民のスポーツ支援に使えば
基金よりもっと潤沢にできます。

もとはといえば市民の税金が過去3回の大会で
約9億円近く費やされています。
市は市民負担軽減のために一般会計にもどすべきではないでしょうか。

あらためて、市の税金の使い方が市民目線になっていないと
感じました。

そんな質疑をしたからというわけではありませんが、
私が予算委員会での反対討論を行いました。
1602 補正予算討論
↑討論中の私

以下は討論の要旨です。

 日本共産党さいたま市議団の松村としおです。党市議団を代表し、議案第1号、一般会計補正予算第8号に反対の立場から討論を行います。

 本補正予算案には、不妊治療の負担軽減など評価できる事業や、必要な継続費等が含まれていますが、問題のあるものも含まれています。

 まず、地方公共団体情報システム機構=J-LISへの支払金ですが、今回の補正で約3億5千万円、今年度の累計で6億4千万円となります。システム運用が開始したとたんに6回も障害を起こし、その原因も明確にされることもなく、このまま本格運用に向けて進んでいくことには問題があると言わざるを得ません。また、通知カードがいまなお3万人弱、5%以上も市に残されていることが質疑で明らかになるなど課題を残したままです。マイナンバー制度は見切り発車同然にはじまりましたが、このままの制度実施は容認できるものではありません。なお党市議団としてはマイナンバー制度そのものに反対していますが、せめて市は国に対して、いったん制度開始をストップして、制度の再検討をするよう意見をあげるべきです。

 次にスポーツ振興基金についてです。この基金の原資はクリテリウムの余剰金ですが、過去3回で同大会には9億円近くの税金を注ぎこんでいます。減額補正もできることが答弁で示されましたが、そうであれば一般会計の負担を減らすべきです。またスポーツ振興というのであれば、必然性のないビッグイベントを次々開催するのをやめて、その分を直接、子どもへの支援や施設整備事業を充実させるために使うほうがよほど効果的です。会計上も、スポーツ振興上も、基金をつくる理由は全くなく、必要のない基金を新たに創設するのは適切ではありません。

 以上の理由から本補正予算案に反対します。


来週から2016年度予算案の議論がはじまります。
質問の出番があるのでしっかり準備していきたいと思います。

市民活動サポートセンター 利用団体の活動に問題なし

一昨日、山崎あきら団長ととりうみ敏行副団長が
代表質問を行いました。

安保法制(戦争)や消費税10%増税などについて
市民への影響など質しましたが、まともな答弁はなし。

給付制奨学金制度の創設も山崎市議が求めました。
政令市の半分がすでにやっているにもかかわらず、
「(他の政令市は)金額が少ない」「市の現状奨学金は貸付額も多い」
などとしてまったくやる気なし。
そのうえ「返還金を原資とする相互扶助制度」だなどと、
「奨学金」の本来の役割とは無縁の「相互扶助」(助け合い)とまで言うのに至っては
あきれるほかありませんでした。

本日からは常任委員会にわかれ、条例や請願の議論に入りました。

私が所属する市民生活委員会では、
地方自治法改正に合わせた条例改正や
グリドルの防火基準を定める情勢などが出ているところです。

条例の審議をした後、いくつかの報告が市からされました。
その一つが、市民活動サポートセンターに関わるものでした。

一つは、自民党議員が名指しで活動を問題視した
「さいたま革新懇」など14団体について市が聞き取り調査や
弁護士と相談したことの結果報告でした。

報告では、名指しされた各団体の活動は、条例上、市民活動から除外される
「政治上の主義に関わる活動」、および「選挙に関わる活動」には
当たらない

とするもので、団体の登録取り消しも行わないとするなど、
登録団体の活動に問題がなかった
と言っていい内容でした。

もちろん問題などそもそもなかったわけですが、
市の調査でもそのことがあらためてハッキリしました。

また、4月からのサポセン直営化について
説明会が3月中に開かれることが示されました。

今後、「施設利用上のルール」を定める管理基準をつくることが報告されました。
この管理基準が市民活動を規制するようなものにならないよう、
しっかり見ていかなければならないと思っています。

↓夕方、東浦和駅前で宣伝を行いました。
日本共産党緑区新春のつどいを
2月20日(土)14:30~プラザイースト多目的ルームで行います。
伊藤岳さんもお話しします。
ぜひお越しください。
IMG_20160212_182847

2月議会がはじまりました~市長の施政方針を聞いて

本日2月2日からさいたま市議会2月定例会がはじまりました。
(3月11日まで)

今度の議会は2016年度予算案が審議されます。
もちろん、各種条例や補正予算も審議されます。

さいたま市議会/平成28年2月定例会 市長提出議案
http://www.city.saitama.jp/006/007/002/017/h280202.html

私は常任委員会では市民生活委員会に所属していますが、
予算委員会にも所属しています。
これまでは補正予算でしたが、今回は本予算ということで、
量が大変多い(;゚Д゚)

今まで以上にしっかり取り組まなければと思っています。

DSC_1473~2
↑予算・条例案の議案書。がんばって読み込んでいます

議会初日の今日は市長が「施政方針を」、
教育長が「教育行政方針」を述べました。

市長の「施政方針」への感想を少々。
「更なるステージ」を目ざす旨がくり返され、
その中身はと言えばイベントや開発を進めることばかり。

市民のくらしがたいへんという認識がまったくないのだなと。
例えば「貧困」という言葉は一度も出てこず、
予算や条例で出している福祉切り捨て
(心身障害者や重度要介護者への支援金の削減)
についても一言も触れず。

「現場主義」という言葉も踊っていましたが、
くらしの現場は見ていないことが浮き彫りになりました。

教育長の「教育行政方針」の感想も少々。
これまた「日本一の教育都市」とか「社会を生き抜く力」
といった言葉が踊っていましたが、
まったく子どもの姿が見えてこない、というのが率直なところ。

小学1年から全学校で英語教育を行うとか、
スクールアシスタントの増員とかが目玉となっていますが、
教育現場の困難にこうまで目をそらして文章を作り上げることができるのか、と
怒りと驚きを持ちながら聞いていました。

「子どもの貧困対策が求められており」と総論で述べつつ、
具体論では何一つ対策がありませんでした。

教員が多忙なもとで子どもと向き合えない問題や
少人数学級で丁寧に子どもを見ることが出来る環境整備、
子どもの貧困、などなど
現場が抱える問題に向き合う姿勢がないことがここでも浮き彫りになりました。

いま党市議団は予算組み替え提案を準備しています。
具体的な提案もしながら、市民のくらしを第一にした市政に変えるため
議会論戦に取り組んでいきたいと思います。


DSC_1466~2
↑今朝は東浦和駅で宣伝。甘利氏の政治と金の問題で徹底究明とともに
日本共産党が「企業団体献金全面禁止」を提案していることなどを話しました。

しんぶん赤旗/主張/甘利氏の金銭授受/口利き疑惑あいまいにできぬ(2016.2.2)
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-02-02/2016020201_05_1.html?_tptb=032

18歳選挙権で高校生に生の声を聞きました

今年の参議院選挙から18歳選挙権が施行されようとしています。

高校生の政治活動に対して規制をかける文科省の通知が出されたり
学校での政治教育のあり方についても様々な議論がされています。

文部科学省:高等学校等における政治的教養の教育と高等学校等の生徒による政治的活動等について(通知)
http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/nc/1363082.htm

では当の高校生はどうとらえているのか、
ある企画で二人の高校生から話を聞く機会がありました。

1454048755780~2

二人ともVIP埼玉(学生・高校生の平和サークル)で
戦争法反対のとりくみを昨年からしてきている高校生です。
そういう意味では「意識が高い」のかもしれませんが、

「これまでは自分が投票できず悔しい思いをしてきた」
「18歳選挙権はうれしい」

と口をそろえて言っていたのが印象的でした。

そこでどうして政治に関心を持つようになったのか、聞きました。

一人は「もともと本が好きだった」とのことで、
新書やノンフィクションなども読んでいたとか。
中学生の時、国語の先生が、
単元の内容をまとめて感想・意見を付すレポートを課していたことで
自分の意見をまとめる・考えるようになったそうです。

彼は自民党のマニフェスト(赤線を引いてました!)を持ってきて、
色々と情報をチェックし、自分で考ようとしているのがよく見て取れました。

またもう一人は、祖母の戦争体験を聞いて、
平和への意識を強く持っていたそうです。
また、両親が社会活動をしている姿を見てきたことも
影響しているとのことでした。

二人の話を聞いて興味深く感じたのは、
学校教育や親族など様々なことが影響しているということ。

いまは学校での政治教育ということに焦点が当てられています。
もちろん政治を正面から扱うことも大事ですが、
「自分で考え、つかみとる力」を身につけることの大事さも
二人の話を聞いて感じました。

それにしても、
二人が自分の考えをしっかり話し、
政治に向き合っている姿を見て思わず
「自分が高校生の時は…」と考えてしまいました。

私が高校生だったときは、全く政治と向き合っていませんでした。
当時、国内ではリクルート事件など政界汚職で荒れていたのと、
国際的には東欧諸国やソ連の崩壊があったことは覚えていますが…。

ただ、今思えば、ということで自分が社会に目を向けるきっかけになったのが
大学の授業料が高く、家庭に負担になっている、
ということでした。

大学進学に際して、
二人の兄が文系とはいえ私大に進学していたことと、
私の希望が理学部で私大では学費が年130~150万くらいで
非常に高い!ということで
「家から通える国立大学」というのが条件だと理解していました。

大学で学生自治会の活動に出会い、
国際的に見て日本の大学授業料は以上に高く、
財政的にも国際水準から大きく立ち遅れていることなどを知りました。
さらに、文部省(当時)や国会議員のところへ陳情へ行き、
直接官僚や政治家(秘書の場合もありましたが)と接したことは
生の体験として強烈なものがあり、
政治にしっかり向き合うキッカケになりました。

また、子どものころから親に連れられて、
戦争や原爆など平和をテーマにした映画を
よく見に行ったことは平和への思いを強く持つ原点となっています。

学校教育はもちろん大事ですが、
直接見て触れるという体験や
間接的であれ戦争の実相に触れるなの体験も重要だと
自分の経験も思い返して感じました。

その点、文科省の通知は
高校生の自由な活動を規制することに主眼を置いており、
問題があります。

主権者であるはずの高校生を国家が規制しようという発想自体が、
国家が国民を統治するという、
現行憲法を逆立ちさせた前時代的なもので許されません。
そういう政治を進めている政党が「自由」と「民主」を党名にしているのは
お寒い話です。

上から目線で抑えつける政府のやり方は、
高校生を主権者として扱わないもので認められません。

しんぶん赤旗/主張/高校生の政治活動/憲法が保障した自由を奪うな
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-10-11/2015101101_05_1.html

主権者の自由を奪うよりも、政治がやるべきことがあるはずです。
先日の国会質問で日本共産党の田村参院議員が
給付制奨学金制度の創設を迫りましたが、
若者の夢を応援するのことこそ政治の役割ではないでしょうか。

しんぶん赤旗/論戦ハイライト/異常な高学費 自助努力は限界
/参院決算委 田村智子議員の質問/実態を示し給付奨学金迫る
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2016-01-22/2016012202_03_1.html

高校生の率直な意見を生で聞くことができたのは、
私にとっても貴重な機会となりました。
参議院選挙に向けて、若い人との共同の輪をいっそう広げたいと思います。

安保法廃止オール緑区の集い

1月22日に安保法を廃止するオール緑区のつどいが行われ、
私も参加しました。

↓講演をする小林節さん(遠くてわかりませんね…)
DSC_1449~2

安保法(戦争法)を廃止するオール緑区の会は、
緑区の様々な個人・団体が集まって昨年12月に結成。
安保法(戦争法)廃止2000万人署名の目標達成と
安保法廃止の政府実現をめざしています。

22日のつどいでは、慶応大名誉教授の小林節さんの講演をメインに、
VIP埼玉の高校生や子育てママ、
埼玉・大学人の会の独協大教員、
元朝日新聞記者の方がそれぞれの立場から発言。

ちなみに元記者の方以外はみな女性。
平和を願う気持ちが、みずみずしく語られました。

戦争法廃止2000万人署名は緑区では5月までに
2万人目標で現在6500人をこえたところ、との報告がありました。

会場には子ども連れの方も多くみられ、
380人が参加したとのこと。
「餅を食べたら忘れる」
どころか、熱意は続いていると感じました。
DSC_1456~2

オール緑区のつどいは「埼玉新聞」で報道されました。

埼玉新聞/<安保法>法制廃止へ緑区で集会 緊急事態条項は現行憲法を否定
http://www.saitama-np.co.jp/news/2016/01/24/10.html

なお、戦争法廃止の政府に向けた
野党間の協議状況に対していろいろな意見をいただいています。
なかなか前進しない現状にいら立つ声もうかがっています。

日本共産党としては、とにもかくにもこの埼玉では
伊藤岳さんを定数3の中に押し上げることが
戦争法を廃止するもっとも確かな力になると考えています。

伊藤岳さんのお祖母さんは海軍特攻隊基地のある町に住み、
多くの若者が飛び立つのを見た経験から、
「戦争は2度とだめだ」
と岳さんにいつも話していたそうです。

戦争の悲惨さ、平和への思いを
子どものころから持ち続ける伊藤岳さん。
戦争法廃止の政府を提案した日本共産党の伊藤岳さんこそ、
平和の願いを確かに託せる人です。

私は以前、議員になる前ですが、
日本共産党埼玉県委員会の常任委員として
伊藤岳さんといっしょに仕事をした時期がありました。

2000年代、選挙のたびに議席が後退するなかでも、
国政候補として政治変革の先頭に立ってきた姿を見てきました。
不屈の、信念の人だと心から思います。

ぜひとも国会へおしあげたい人です。
ぜひ伊藤岳さんを応援してください!