松村としおのブログ

  ★くらし・平和を守る政治を! 松村としおの活動日記★ さいたま市議会議員(緑区選出・日本共産党)

申し入れ

くらし応援の市政へ! 2020年度予算の組み替えを提案

党市議団は2 月7 日に「2020 年度予算組み替え要求」を市長に提出しました(財政部長が対応)。
0207予算組み替え提案(市議団)


市長が出してきた2020 年度予算案は、
一般会計 5627 億円(前年比1.1%増)、
特別会計 3167 億円(同1.6%増)、
企業会計 1264億円(同8.4%減)で
総額1 兆58 億円(同0.1%減)の予算規模です。

その中身は、大型開発やビッグイベントに多額の税金を投入しながら、多額の基金(貯金)をため込むもので、福祉や子育て、地域経済振興は不十分なまま放置されています。

党市議団は、2020 年度予算案を見直し、予算全体の約2.3%にあたる210 億5600万円の使い方を変え
れば、市民のくらしを応援する施策を充実できることを示しました。
2002 予算組み替え①2020 予算組み替え②


組み替え提案では、各種基金の取り崩しや繰越金、再開発にかかる費用、公共施設マネジメント積立金、ビッグイベントなどで歳出カットをおこない、財源を生み出します。

国民健康保険税(国保税)が4 年連続で値上げされ、2026 年まで連続値上げの計画がすすめられています。国保税の値上げは4億5000 万円で回避でき、25 億5000 万円あれば、子どもの均等割りをやめ、大人についても引き下げを実現できます。

また、上下水道料金や公共施設使用料金は、約48 億円で消費税分の引き下げができます。消費税率が安倍内閣になって5%から10%へ倍になりましたが、さいたま市ではそのまま料金に上乗せしてきました。毎年大幅黒字を計上している水道・下水道料金ですから、とりすぎた分を市民に還元する意味でも値下げすべきです。

小中学校の給食費については給食費値上げ回避に3億円、さらに5億円を積み増すことで値下げもできます。子育て支援や格差と貧困が叫ばれる中、消費税増税に加えて来年度は平均給与も下がる見通しなのに給食費値上げをするのは少子化対策にも逆行します。必要なのは給食費値下げです。

今回、災害対策・被災者支援についても新たに盛り込みました。地球温暖化がすすみつつあるなかで豪雨・台風災害が頻発する恐れが強まっています。もちろん、震災対策も重要です。被災者支援と防災対策をもう一段強化することが必要です。

日本共産党さいたま市議団は、くらし・福祉最優先に税金を使うため財政上の対案を「予算組み替え」として、毎年市に示しています。

今年の予算組み替え提案は私と久保みき市議が中心につくりました。
本当はもっと実現したい要求もあります。
この組み替え提案は、市長が提案した予算への対案です。
予算編成の考え方から抜本的に見直せばもっとできることはたくさんあると感じます。

市民要求の実現を迫ると市は「財政が厳しい」とすぐ言います。
しかし実際には、使い方をよくチェックして、基金(貯金)も活用することで、
くらしを応援したり、負担を軽くしたりできます。

引き続き、予算委員会等の議会論戦を通じて市民要求実現に力を尽くします。

子どもの命を守る交通安全対策を申し入れました

5月31日に市長に対し、保育園などのお散歩の安全対策を進めるよう緊急の申入れを行いました。
大津市の事故を踏まえてのものです。(対応は子ども未来局長)
FB_IMG_1559860395815

私のところにも、保育園関係者や児童保護者の方々から安全対策についていろいろと声が寄せられています。
個別に寄せられた要望については対応するよう市にもとめているところですが、
学校や幼稚園、保育園から寄せられている要望についてもしっかり応えるよう申し入れました。

交通安全の対策についてご要望がありましたらお気軽にお寄せください。
FB_IMG_1559860402294

以下は申し入れの全文です。


2019
531
さいたま市長 清水勇人 殿

保育園等の園外活動の安全対策に関する緊急の申し入れ


日本共産党さいたま市議団
団長 神田 義行

今月8日、滋賀県大津市の県道交差点で信号待ちをしていた保育園児と保育士の列に車が突っ込み、園児など16人が死傷する痛ましい事故が発生しました。子どもを巻き込んだ交通事故の報道があとを絶ちません。かけがえのない命が交通事故によって奪われることのないよう、抜本的な対策を講じることが求められています。
小・中学校の通学路については、2012年度に起きた登下校中の児童の死傷事故を受けて、文部科学省・国土交通省・警察庁が連携し、学校・保護者・道路管理者・地元警察署による合同点検を実施しています。全国74483ヶ所の危険箇所を抽出し安全対策を実施していますが、幼稚園・保育園の通学路やお散歩道などは対象外です。合同点検の対象を広げることが重要です。
厚生労働省は指針などで、園庭の有無にかかわらず保育所の外で社会に触れる体験が重要だとしていますが、園外活動での安全確保は保育園側の配慮だけでは不十分です。大津市の事故後、国土交通省と警察庁は安全確保に向けた道路の点検を実施することとしています。しかしその内容は、過去5年間で子どもが当事者となった重大事故が発生した交差点のうち、道路交通環境の改善を図ることとなったものと同様の道路交通環境にある場所の点検を行い、対策を検討・実施するというものにとどまっています。
さいたま市は認可保育園、幼稚園、認定こども園、小規模保育施設、さいたま市認定ナーサリールーム・家庭保育室などが様々な場所に設置され、かつ交通量が非常に多い地域にある施設も多いのが現状です。子どもたちが安全に園外活動を行えるようにするため、ガードレールの設置など、あらゆる対策をとることが必要です。よって、以下の事項をすみやかに実施するよう申し入れます。


 
1.   認可保育所、幼稚園など就学前の子どもが通う施設から、危険な箇所をていねいに聞き取り、道路管理者や警察署とともに点検を行う合同点検を、国と連携して実施すること。
2.    「危険箇所」の解消に向け、ガードレールなどの設置や信号機等の新設、歩車分離、歩道の確保など、有効な対策を国と協力して推進すること。
3.   安全対策のために必要な予算措置を、補正予算を含めて実施すること。
4.   園外活動における安全確保に必要な保育園等の職員の配置基準を引き上げること。
5.   関係各局が連携して対策に取り組むための部局横断的体制を作ること。


以上

なぜ変えた? 学習支援が塾産業へ

生活保護世帯などの中・高生対象の学習支援事業をさいたま市は対象者や個所数を増やして取り組んできました。
それがこの4月から、それまでのNPO団体から大手塾産業へ移りました。

 
格差と貧困を正し、貧困の連鎖を絶つ努力のひとつとして、私たちも学習支援の実施箇所数や対象者を広げるよう求めてきました。

しかし、営利目的の塾産業の業者が福祉目的の学習支援事業を請け負うことについては懸念も多いことから、担当課に聞き取りを行いました。


新しい事業者のもとで
困難な家庭状況に寄り添った支援がされるのか、
福祉的な視点を塾業者でできるのか、
なぜ入札を一般競争に変えたのか、
これまでの事業者の何が問題だったのか、
子どもと支援者の関係を丸ごと変える問題を検討したのか
などを聞きました。

ところが担当課の説明を聞いても、これまでの取り組みについて十分な検討を行わないまま、予算面で安くあげようという意図ばかりが強く感じられました。

懸念の解消には程遠く、このまま放置しておけないという思いを強くしました。
引き続き党市議団として議会でも取り上げるなど取り組んでいきたいと思います。
_20190510_164156

市の責任で学童保育の整備を!

熊本を中心に、九州で大震災が起きました。
亡くなられたみなさんにご冥福をお祈りするとともに、
被災されたみなさんにお見舞い申し上げます。

日本共産党としては、国に
九州地方自身に関する緊急申し入れ
をしています。

また、救援募金の呼びかけも独自に行っています。
募金先の口座や使途等については下記の
日本共産党中央委員会のホームページをご覧ください。

九州地方地震被災者救援・支援のための募金のお願い
http://www.jcp.or.jp/web_info/2016/04/kumamoto-bokin.html

IMG_20160419_084146
↑今朝(19日)東浦和駅にて


ここからブログタイトルの話になります。

さいたま市では、この4月、公立学童(放課後児童クラブ)に
入所を申し込んだのに落ちた子どもは1356人にもなりました(一次選考)。

私のところにも
「1年生の時は入れていたのに2年生になったら追い出された」など
「学童落ちた!どうしよう!」という声がいくつも寄せられています。

この間、日本共産党さいたま市議団では、
学童保育の整備数を大きく増やすことや指導員の待遇改善を行うこと、
そのために市の補助金を大きく増やすことなどを求めてきました。

そのなかで、さいたま市が建物をつくり(=公設)、民間で学童保育を運営する(=民営)
いわゆる「公設民営」での増設も求めて来たところです。

実は尾間木小学校の地域で、「公設民営」をつくる計画が2年前にもちあがりました。
東浦和まちづくり事務所の一部を使おう、ということで、かなり具体的に話が進んでいました。
すでに学童を運営している関係者の方からも歓迎の声が寄せられていました。
P1020137
↑東浦和まちづくり事務所(さいたま市緑区東浦和8-19-1)

ところが、昨年、つまり1年たっても具体化されません。
そこで、私が当選して初めての議会で行った一般質問でさっそくこの問題をとりあげ、
さいたま市全体としても親の願いに応え、
公立学童および公設民営学童の設置を進めるよう求めました。

このときの市の答弁は
「民設放課後児童クラブとして、新たに施設を確保するクラブ運営者にとって大きな負担となっている状況につきましては、十分に認識しておりますので、利用可能な公共施設の活用も視野に入れて放課後児童クラブの整備を検討してまいります」
と一般論で必要性を認めつつ、半分逃げるものでした。

それからさらに1年たちましたが、やはりちっとも話が進みません。
尾間木小学校区は再開発がすすみ、すごい勢いで住宅が増えています。
この新年度、尾間木学童に新たに64人の子どもが入り、
場所も指導員も足りず、たいへんな状況になっているそうです。

そこで先日、担当課に対し聞き取りを行いました。(下の写真)
IMG_20160406_154301

そこで明らかになったことは、

・東浦和まちづくり事務所敷地の一部に学童用の土地を確保した
・担当の子ども未来局は必要性を認め、計画を進めようとした
・しかしながら、「公共施設マネジメント計画」で公共施設は複合化しなければならない
・よって単独で学童保育施設を建設できないが、複合化(集約)できる公共施設もない
・というわけで、尾間木に公設民営の学童は建設できない

ということでした。

「公共施設マネジメント計画」というのは、
さいたま市の今後の公共施設に関する長期計画です。

この計画では「ハコモノ3原則」として次のとおりかかげています。
■新規整備は原則として行わない(総量規制の範囲内で行う)
■施設の更新(建替)は複合施設とする
■施設総量(総床面積)を縮減する(40年間で15%程度の縮減)

計画中においては学童保育(放課後児童クラブ)も「ハコモノ」と分類されています。

学童保育が「ハコモノ」という考え方自体がどうかしていると思います。
「公共施設マネジメント計画」の異常さがここに表れていると感じるところです。

この「計画」がつくられたあと、
子ども子育て支援新制度ということで、
公立放課後児童クラブでも原則6年生まで受け入れとなりました。

ところが、制度が変わったにもかかわらず、
さいたま市は自らは放課後児童クラブを増やさない考えです。
民間学童への補助金どまりでは市民への責任は果たせません。

共働き家庭が増えているなど、学童保育の需要はますます高まっています。
学童を「ハコモノ」だとして増やさない市の姿勢は、まさに無責任としかいいようがありません。

これは尾間木学童に限らず、市長の基本姿勢の問題でもあります。
学童保育を公立または公設で(=市の責任で)整備することとあわせ、
市民の願いを切り捨てる口実となっている「公共施設マネジメント計画」は、
見直しを求めていきたいと思います。

県立総合教育センター跡地を防災公園に

さいたま市緑区三室には県立総合教育センターの跡地があります。

4年程前に県の施設統廃合のあおりで廃止となり、
以来、そのまま放置(最低限の管理はされていますが…)されています。

市民のみなさんが、加川よしみつ前市議とともに、
県や市に活用をくり返し申し入れています。

私も、6月の一般質問でとりあげたり、
住民のみなさんと県・市に申し入れてきました。

↓11月にも住民のみなさんが市に申入れを行いました
1511 教育センター跡地申し入れ

施設が廃止になった時期がちょうど東日本大震災が起きた時期と重なったこともあり、
防災機能を持った公園に、というのが住民のみなさんから強く出されました。

最近の防災訓練に参加した方からは、
避難場所となっている三室小学校だけで物資が足りるのか、
高齢者はとても三室小学校まで行けない地域もある
などの声も寄せられています。

なお敷地が広いので(約1万4000㎡)、
公園以外にも複合的に利用できる条件があります。

こうしたことをふまえて、県や市に活用を働きかけてきましたが、
県はまったくノープラン。驚くばかりです。

市は、6月の私の一般質問に対して
「市として有効に活用できないか検討している」
「防災機能を持った公園という観点も含めて市としての利用計画について検討したい」
と答弁しています。
市は一応考えているそぶりを見せている所です。

同跡地は比較的大きな通りに面していることもあり、
私も含め、多くの人の目に触れるところです。
個人的には年々ボロくなっていると感じている所です。

周辺住民のみなさんも、近隣に廃墟とまでいかずとも、
無人の広大な施設が放置されていることに対しては
速やかな対処を強く願っています。

また、同跡地は旧浦和市が土地を県に寄付した経緯があります。
(全部ではありませんが)
旧浦和市の土地分だけでも無償返還を県に求めるよう
申入れの中で求めました。
引き続き、実現に向けて市民のみなさんと力を合わせていきたいと思います。


なお三室では、道路冠水したといううったえも受けており、
改善を市に求めている所です。

↓場所を確かめている私です
DSC_1257~2